絵日記
FC2ブログ

それぞれの舞台 

「ディアナ」チームも、それぞれ次のステージに向かっているようで。

水谷あつしさんの次のステージ、「花咲ける青少年」なのですね。

えっと・・・、あの「花咲ける青少年」なのかな??と思ったら、ビンゴ!

この頃、テレビ欄で観るBS2のアニメも、そうだったんだ。
びっくり。

樹なつみさんの「花咲ける青少年」。
アニメ化や、舞台化されてたんですね。

大好きだったなあ。

水谷さんは、花鹿の父のハリー役。アメリカの財閥総帥役ですね。
いい父親っぷりだし、スーツがなにより似合いますね。

花鹿役の方は、男性なのか、女性なのか・・・?

立人、わたるくんでイメージしてたなあ。

香港の財閥の息子だったかな。

紫のチャイナ服で、龍を大きくあしらったのを漫画で着ていて、
わたるくんのイメージだなあと思っていたら、
本当に、チャイナドールの場面で、きたし、
ネオダンディズムのホワイトドラゴンの場面も見られたのでした。

大きく守る大人の男と言うのが、わたるくんのイメージと重なるのです(立人の)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nakanaka62.blog85.fc2.com/tb.php/1990-7803be09