絵日記
FC2ブログ

29日のあさイチに岸谷さん 

明日、29日のNHKあさイチのゲスト、岸谷五朗さん
だそうです!

稽古場風景も流れるだろうし、楽しみです。

続きを読む

スポンサーサイト

長い春の果てに 

一昨日、BSプレミアムで「長い春の果てに」の放送がありました。

録画して、通してみるのは久しぶりなのでこうだったんだなあと、懐かしく思い出しました。
ステファンって、こんなにモテモテだったのかとか、
わたるクロードの悪っぷりに改めてゾクゾク来たり(笑)、ああこの怖そうな三白眼が好きだったんだよなあ~って。
のちのトップさんが沢山の贅沢な公演で、わたるくんには専科時代最後の作品(このあと、星組に組替えになりトップになります)

白い巨塔の財前教授(田宮さん版)が好きだったので、この役が来ためぐり合わせに、公演前喜んだよなとか思い出します。

スターファイルでも、悪い役、癖のある役は好きだったから、大海賊とかで出てきただけで子供が泣いたりして・・とか言われていて、
元帥スワンはゆがんだものがあるようなので、色が濃ければ濃いほどやる気が沸いてくると、わたるくん。

乙女なところと、悪い~色気のある男とどっちも見られるかなあ、今度の公演。

岸谷さんが、男性ダンサーを引き連れてセンターで踊るのが似合うと言われているようなので、
夢だった「アイーダ」のゾーサのような男性群舞引きつれ、わたるくんで見られるかな。

スターファイル 

なかなか読めなかったアサヒコムの「スターファイル」のわたるくんの回、読めました。

宝塚以外での自分は想像出来なかったけれど、地球ゴージャスの舞台を観て、ここの一員になりたいなあと思われた事、ほんと・・・、地球ゴージャス感謝!です。
地球ゴージャスの舞台に立つわたるくんというのは、私も専科時代から夢でしたが(絶対似合うと)、
ご自分もそう思われて、舞台に立つ道を選んでくれた事、感謝しても感謝しきれないです。
わたるくんでしかできない舞台姿があると思うし、それが大好きだから、今も観られて本当に嬉しいです。

放送大学は、大変な時期もあったんですね。有言実行で頑張ったって・・。

最後にインタビュアーの中本さんが、湖月さんならまた一緒の舞台に立会い仕事をしたいと思うのではないか。
取材のたびにとても気持ちのいい対応をしてくださる、気遣いの方だと。
それを見習おうと思うけれど、秘訣や意図があるわけではなく、それは湖月さんの自然体なのだと。

苦手な事への取り組みも人生の中では必要と、厳しくを自然体にやっているのが湖月流で、湖月さんの大きさなのだと・・・。
ああ、とっても共感できる言葉です。

SMAP×SMAPにタカラジェンヌ100人 

今、めざましテレビで流れたんですが、年明けのスマッブスマップに、タカラジェンヌ100人出演するそう。

テルくんがギザな芝居を、ちえちゃんがダンスを披露してました。
簡易大階段での男役郡踊も。

楽しみですね。


何か忘れちゃってたけど、わたるくんキムタクのファンだったんだ。
ご覧になるかな。




お稽古合流 

大村俊介さんのツィターによると、わたるくん今日からお稽古合流したみたいですね。

宝塚の方は、振り覚えが早いって、よかった。
星組に反応して下さってますが。


祝★ドリームアドリム大阪大楽 

今日でドリームアドリーム、大阪公演も千秋楽ですね。

ゼーモント様、昨日の様子をありがとうございます。
ラスト凄くいい仕上がりになってるんでしょうね。皆さん。

終わってしまうのが残念ですが、また次の舞台が舞っています。
それが何より嬉しいですよね。

男っぷりも、女っぷりもあがっているわたるくんですよね。

2015年の大河ドラマ 

再来年の大河ドラマ、井上真央さん主演で吉田松陰の妹で内定とか。

八重の桜方式で、沢山その時代の方が出て来るんだろうけど、八重の桜と時代かぶりまくりで、
同じ人が間をおかずに出る事になりますが・・・。

井上真央さん、いつか大河主演するのではと思っていましたが、
本当にこの題材でするのかな?

もうちょっと違う時代も観てみたいです。

7年 

今日11月12日は、わたるくんの宝塚卒業の日。
7年の時が流れました。

昨日は、東京で木枯らし一号が吹いたそうで、同じような時期ですね。
本当に絵に描いたような「嵐を呼ぶ男」っぷりでした。

あの時の胸を締め付けられるような悲しみ(男役湖月わたる、宝塚スター湖月わたるが観られなくなる)を、
超えて、今現在も新しい舞台に向けて前進している瑞々しい生き生きしたわたるくんが観られて幸せですよね。

「ドリームアドリーム」の舞台を観て、現役の頃より歌もダンスもより魅力的になっていて、
本当に嬉しい限りです。
その上に「クザリアーナの翼」でまた、新しい舞台にも挑戦できるし。
とても充実しているわたるくんですね。

退団7年、こんな嬉しい未来を作ってくれた頑張っているわたるくん、支えてくださっている皆様に感謝いたします。

(心配なのは、11月1日からお稽古開始している地球ゴージャス稽古場に参加が遅れる事だけ。
アンダーの方がやっていて下さると思いますが、
遅くなりますね。地球ゴージャスのお稽古に参加できるの、わたるくんも楽しみにしているでしょうね)

ジェーン 

昨日のスタジオパークからこんにちは、は、
キムラ緑子さんで、いけずな和江さんを繊細なハートで思い切りよくやっている様が、
好感でした、

キムラさんの舞台映像で、
2007年のマキノノゾミさんの「エンジェルアイズ」という舞台が流れ、
彼女はカラミティー・ジェーンでした。

わたるくんより少し前ですね。

ワイルドビルの死の場面が語られていて、女丈夫なジェーンでした。

マキノノゾミさん、キムラさんの旦那様で、朝ドラ「まんてん」の作者さんなんだ。

キムラさん自身も朝ドラ沢山出てらっしゃいますが和江は強烈だからなあ。

カレンダー 

来年のわたるくんのカレンダー、FC経由じゃないですが、頼んできました。

芸歴25周年を振り返って過去の役を思わせるものというそうですが、
はっきりわかりませんよね(笑)
正解、わたるくんに聞きたいわ。

表紙が特にソフトで、綺麗ですよね。

1、2月の番傘に和風の着物は羽織ってるのは、蔵人なのかなあ。目線が遠いし、右手隠れてるといえば隠れてるし。

3、4月は黒天使なのでしょうか。極楽鳥?

5、6月は「大海賊」のエドガー船長なのかなあ?

7,8月はわかりやすくて「ダムヤンキーズ」のローラ。

9、10月は「カラミティジェーン」のジェーン。

11、12月は、「GILLE」のアルトかなあ・・・。雰囲気が。(これは好きだったので希望)

沢山の役を色濃くやって来たわたるくんだからこそ、
最後の言葉はわたるくんらしいし、だからこそわたるくんだと思います。

基本何色にも染まれる「白」な、素直な方ですよね。

とても品よく、おしゃれにまとまっているので、元ネタすばりじゃないので、
何なのかわからないのが・・・かな。

25年の役、たった6枚に納まらないよね。
ああ、好きだなあ、その演じてきたところ、役者人生。

ごちそうさん 

朝ドラ「ごちそうさん」

杏ちゃんが好きなので期待してみていますが、何かに似ているなあ~と、もやもやしたものが。
納豆ずるずるの夢妄想や、メンチカツ鷲づかみを見てわかりました。

高橋留美子さんの漫画に似てるんだと。
氏の漫画には、並外れて大食いの表現もありますし。

作者は、森下佳子さんで、「JIN~仁」のシナリオを書いた方。
表現的にJINを思い出すところはあるようなないような・・・。
大河ドラマの綾瀬さんと並んで、JINありきで、オファーがあったのかなあと思う並びでもあります。

人生も感じさせるじ~んとくるラブコメを、面白く表現しているところが共通して好きです。

お母さん役の財前さんは、前から好きな女優さんなので、彼女のいいところよく出ていていいし、
杏さんの真面目で直向きなところもとてもよく出ているし。


観ていたらなんだか、久々に高橋留美子さんの漫画が読みたくなったら、
今発売中の「ダビンチ」で特集が。

懐かしくて、読みふけってしまいました。

対談も沢山。あだち先生や京極夏彦さんと。

作品を振り返っての言葉も沢山。

古田新太さんのコメントなども、ふむふむと。


高橋先生って、自分の好きなもの、劇団新感線や、京極さん、
それにウルフガイシリーズの平井和正さんとお互いに好きで交流が生まれるって、凄いなあと思います。
35年も現役少年漫画家を女性として続けているのも凄いと思うし。

横道それましたが、この人女性?と思うような仕事をよくみると女性の感性を元にやり遂げている方がすきなのです。

猫侍 

本屋さんでたまたま宣伝を見て、これは萌える・・・・と思ったら、
キャッチコピーがすでに「萌える」とは(笑)

絵に描いたように、萌える侍です。
男っぽさと猫の可愛さと。おきて破りだわ。激ツボを押される。

猫侍の北村さん。


来年映画が公開で、敵役は寺脇康文さんだそう。
うわ~、好きな俳優さん同士だわ。

北村さんの方が敵役の雰囲気ですが。


猫、可愛い・・・。

佐々木蔵之介さん歌舞伎に出演 

佐々木蔵之介さんが、猿之助さんのスーパー歌舞伎に出演するそう。

大河ドラマ「風林火山」では、武田信玄と真田幸隆役で共演でした。
2007年だから、舞台共演の前ですね。

蔵之介さん歌舞伎栄えしそうだから、どんな舞台になるんでしょう。
珍しい事だけれど、歌舞伎もだんだん変わってきているみたいですし。

祝★DAD大阪公演 

土曜日から、ドリームアドリームの大阪公演の幕が開きましたね。

おめでとうごさいます。

大阪での様子をおしえていただけるのを楽しみにしてます。

楽しい舞台でしたよね。
できたら、また観たい。

わたるくんは、現役時代ショーがどれも良かったですが、というか、
ハズレのショーだというのがなかったですが、
その時と同じように、良くできてるなあ、と思いました。
歌えるひとは歌い、踊れる人は踊り適材適所で魅力を見せていて。