絵日記

月別アーカイブ

 2012年12月 

祝★エリザガラコン大阪大楽 

とうとう、大千秋楽の日が来てしまいました。
無事終えられる事と思います。おめでとうございます!

とんちっちさま、ゼーモントさま、今、わたるルキーニ観られてよかったですよね!

在団中からわたるくんの男役ってというか、男ってこんな感じとイメージしてきたそのままの、
いえ、それより先を行く、男前さ、危なさ、色っぽさ、そして存在感でした。
(在団中はすみレコードあるから、そこまでは・・・ってところありましたけど)

ああ、ファンしてきてよかったなあ~~って、満足というか、
ほんと、あなどれないというか、いまさらこのパンチ力かよ・・・(笑)って、ルキーニでした。

どこでもあくまでルキーニとしての存在感。
トート閣下を信奉し、シニカルに、そして、享楽的に・・・。
でも、男としての存在感は薄れさせず、椅子をかたづけたりコートをかたづけたりする、
気遣いさんなのがわたるくんらしくて好きでした。

ゼーモントさまの言われている赤い糸を切る仕草、私も見たかったなあ。
どういう意味なのでしょうね。

初日は、「勇気に免じてあげよう」って、おひとりだけ手を上げた方にマグカップをあげていたわたルキ。
どんどん、皆さんにほしがっていただいて、嬉しかったでしょうね。
大ラスはどんなでしたでしょう(もってけ泥棒!か、笑)

客いじりも、お客様紹介も、テンションあげるのも、わたるくん得意ですけど、
こういう大きな場で出来て、本当に幸せな舞台でしたでしょうね。
沢山の一緒に闘ってきた仲間とまた、、こうして舞台に立てて・・・。
本当に幸せでしたでしょう。

大楽見られたかたいらしたら、様子教えてくださいね。

スマホにしたら、携帯オフィシャルモバイルが見られないので(すごいショック)、
様子わかりませんが、わたるくんのルキーニ生き切った、幸せ報告あるんだろうなあ。。。。

スポンサーサイト