絵日記

スカイステージ開局10周年番組 

昨日初OAのスカイステージ10周年記念番組「夢のプレミアム
ステージ」(かな?)、
見ごたえがありましたね!さ

1時間半の番組で一時間くらいわたるくん、ちえちゃん、ウメちゃんでトークがあるなんて、
思いもよらなかったので凄く嬉しかったです。

愛の面影で大階段下りするわたるくん、ほんとカッコいいですね!

ちえちゃんも夢の共演といってくれていたし、
わたるくんも今の星組がいい状態でとても嬉しそうで、楽しい内容でした。
わたるくんセンターで話してくれるのが、また嬉しいし。
時が一気に戻ったみたいでした。

後日、内容書き出してみますが年末で忙しいので遅くなるかもしれません。


再放送、一月一日にあります

続きを読む

スポンサーサイト

10年 

わたるくんのトップ就任発表があった24日から、今日10年目ですね。

あのときの震える感動わすれません。

素晴らしい10年に、乾杯!

すずみん 結婚 

涼紫央さんが、12月16 日結婚されたそう。

おめでとうございます。
片岡
鶴太郎さんのブログに、写真が。どういう、ご関係なんでしょう?鶴太郎さん。

二人タキシードなんて、リュータンみたい。

幸せそうな笑顔ですね。

大江戸緋鳥 試写会 

ヒューの記事を見ていたら、
「大江戸緋鳥」の試写会の様子が、隣に。ラッキー!

わたるくん、真央さん「神」なんですね。

ヒュージャックマンハリウッド殿堂入り 

ヒュー・ジャックマン、ハリウッドのスター殿堂の手形に入ったそう。

レ・ミゼラブルの公開も真近で、アカデミー賞にどこかの部門でノミネートされるかもしれないし、
2009年のアカデミー賞の司会をした時は作品ではなかったけれど、
今度は作品出演者として出演できるかも。

そこでパフォーマンスしたアン・ハサウェイ達と、本当に作品としてパフォーマンスできたら・・・。

あの時、演出していた方が、今回の監督で、何か作りたいって話だったような。実現ですね。
ヒューの歌えるところが作品として残って良かったです。

うちに来た記念日 

今日、12月17日は、うちのにゃんこが来た記念日でした。

その時の様子は、こちら

6年も経ったんだと、感慨深いです(同じような事を最近書きました、^^;)
ブログ始めて、6年。にゃんこも6年です。

二歳になる前に死にそうになって、入院しました。

その後元気になり、わんこ三代と過ごす事に。

わんこが死んだ時も支えでした。

今年の11月には、3日も帰ってこなくて、いよいよだめかとおもいましたが、
ひょっこり帰ってきて、元気です(すごーーーく心配しましたが、どこかで出られなくなっていたよう。外に出たりしてるので)

これからも、元気でありますように。長生きしてね!

ブロードウェイミュージカルライブ2013 

来年のブロードウェイミュージカルライブ
わたるくん出演なんですね。

楽しみです。何を歌われるのかなあ。

石井一孝さんがブログで2012年のライブCDの事を詳しく書かれています。
石井さんの歌も思い出しますね。

和さん 

OGの和涼華さんが、ブログでわたるくんの事を書かれていますね。

ファン思いのわたるくんらしいエピソードです。

和さん、ライブ続けられているんですね。舞台姿華やかでしたものね。
わたるくんの最後の公演の新公主役ですもの・・・。退団は残念でしたが、今はお母さんでもありますね。

レ・ミゼラブル 

「レ・ミゼラブル」の映画公開が迫ってきてますね。12月21日。

公式サイトを読むと、ジャンバルジャンにはヒューしか考えていなかったという監督の言葉、嬉しいです。
(ラッセル・クロウもいいと思うけど。ほんと、ジャンバルジャンとジャベール逆バージョンも見てみたい。舞台版も両方やる人いましたよね)

今週の月曜のSMAP×SMAP、NHKを見ていて見逃しそうだったけど偶然チャンネルを変えて見られました。
ヒューがビスとロスマップに出てる!!!!
大変衝撃的でした(笑)

アマンダ、可愛い~~。アン・ハサウェイは来なかったのかなあ(来日はしてたんですよね。プレミアムショーで)

慎吾ちゃんと押し相撲をするヒューなんて・・・・どうしたらいいのだ(笑)
でも、大きさが慎吾ちゃんとあまり変わらなかったのにびっくりした。めちゃくちゃ大きいと思ってたのに。

笑顔がとってもキュートで、気遣いの人なのが見えて、見られて良かったです。

慎吾ちゃんの仮装は、今回はジャンバルジャンでの出演なのでウルヴァリンでするわけにはいかないからか、
富士山とは(笑)

映画楽しみにしています。
年明けになるかなあ、観られるのは。

アン・ハサウェイがあれだけ歌えるのにはびっくりしましたが、ティーンの頃聖歌隊みたいなところで経験があるんですね。
バットマンのキャットウーマンでアクションできるのにもびっくりしたけど。

生きるために盗む強い女のキャットウーマンと、生きるために弱さと戦うファンティーヌとどちらも出来るって凄いです。
プリティープリンセスの頃からすると、凄い変わり方。
やはり、「ブロークバックマウンテン」に出た頃から、変わってきたのかなあ。
精神的な疲れとか、リアルさが半端なかったから演技も上手いなあと思ったし。

いつも誰かに似てるなあと思うけど、となみちゃんや檀ちゃんなんですよね。
美人だからかなあ。
時にプリンセスの頃は、となみちゃんそっくりだと思った。
キャットウーマンは檀ちゃん似てたし。


内野聖陽さんもジャンバルジャンしたことがあるし、宝塚でもし上演できていたら、
骨太さと男っぽさそして、優しさで、やはりわたるくんがジャンバルジャン最適でしょう。
好きな人は、同じタイプって事ですね。

大江戸緋鳥808 

大江戸緋鳥のゲキシネの詳しい上演予定、出てますね。

舞台稽古の様子も流れるとなると、観たいなあ。

でも、うちからだと名古屋遠いなあ・・・。

6年 

本日、12月12日、「陽と朋に」は6周年目を迎える事が出来ました。

6年も経ったんだなあ・・・と、感慨深いです。
が・・・(笑)、わたるくんの宝塚卒業の11月12日の6年目の日を、私、
エリザガラコンのルキーニがあまりに良かったので余韻に浸りすぎて、すっかり忘れていました(ごめんなさい)ので、何もいえない状態でもあるのですが(^^;)

6年経っても、いえ、退団後六年舞台に立ち続けてくれて更に女優としても舞台人としても、芯がぶれることなく研鑽を積み続けてくれたからこその、ルキーニでした。
ああ、見続けてきてよかったなあと心底思えたので、6年続けてこられて幸せです。

放送大学も卒業されたし、来年も一つ一つわたるくんらしく、前向きに歩み続けていかれる事と思います。
太陽は、陰ることなく輝き続けてくれていますね。
月の輝きも忘れることなく。

陽の輝きとともに、これからもよろしくお願いいたします。

沢山ご報告いただいて、色んなお話も出来て、本当に幸せです。
皆様ありがとうございます。

ファンになったのが、99年。すぐ専科生活に入ってトップになるまでが3年強。トップになってから4年弱くらい。
今は、宝塚時代の方がファン生活長いですが来年はもう、在団中と同じくらい時が経ちます。

それぞれの時のわたるくんが、その時一番好きと思いますが、
その思いは今も変わりません。
男役時代も、今の女優さんも、男の人より男らしく凛凛しく色っぽい(男としてね)時も、
どの時もそれぞれに大好きです。
違う人のように多彩でいながら、性別も飛び越えながら、
ゆるぎない人としての魅力が好きです。

わたる 

先週の金曜日になってしまうんですが、テレビで「わたる」が大活躍していました(笑)

「ガチガセ」という番組で、ゆるキャラが対決するというもの。

ゆるキャラグランプリで1位になったバリーさんと、勝ち抜いたゆるキャラがすもう対決するというもの。
準決勝を勝ち抜いてバリーさんと対決したのは、なんと、
わたる」でした。

昔その名に、私、ネタにしたことある(笑)
橋のキャラのわたるですよね。

「わたる、大きい」とか、「大きいわりに、動きがいい」とか言われて、なんだかわたるくんのことみたいでした(笑)
ちょっと足が出て準優勝だったけど、活躍してました。

徒競走では、地元「家康君」が、バリーさんと対決して、こちらも準優勝。
嬉しかったです。
(家康くん、ゆるキャラグランプリで、地元で投票してくださいキャンペーンが凄くて頑張ってました。
7位になったのかな)

ありがとうございます 

ゼーモント様、スカステ10周年記念トークショーの様子をありがとうございます!

大楽の様子も沢山教えていただいて、本当にありがとうございます。
虹組の煌きでも、信じてきたわたるくん舞台人としてのの煌きや男気、責任感の強さを感じられてとても幸せでした。

ちえちゃんとのラダメスWなんて、ああ~夢ですね。凄いな。
ちえちゃんも大きくなったし。

充実して来年に向かうわたるくんですね。

スカイステージでの放送を楽しみにしています。

そして、今さっき、「大江戸緋鳥」のDVDが届きました~。
嬉しいなあ。直姫さまに戻って、殺陣を堪能しよう。
今年はカラミティジェーン、ヴェルマ、ダンス公演、ブロードウェイミュージカルライブ、直姫、ルキーニと、
本当に多彩な年でしたよね。
ふり幅が大きいのがやっぱり、魅力だなあ。

祝★エリザガラコン大阪大楽 

とうとう、大千秋楽の日が来てしまいました。
無事終えられる事と思います。おめでとうございます!

とんちっちさま、ゼーモントさま、今、わたるルキーニ観られてよかったですよね!

在団中からわたるくんの男役ってというか、男ってこんな感じとイメージしてきたそのままの、
いえ、それより先を行く、男前さ、危なさ、色っぽさ、そして存在感でした。
(在団中はすみレコードあるから、そこまでは・・・ってところありましたけど)

ああ、ファンしてきてよかったなあ~~って、満足というか、
ほんと、あなどれないというか、いまさらこのパンチ力かよ・・・(笑)って、ルキーニでした。

どこでもあくまでルキーニとしての存在感。
トート閣下を信奉し、シニカルに、そして、享楽的に・・・。
でも、男としての存在感は薄れさせず、椅子をかたづけたりコートをかたづけたりする、
気遣いさんなのがわたるくんらしくて好きでした。

ゼーモントさまの言われている赤い糸を切る仕草、私も見たかったなあ。
どういう意味なのでしょうね。

初日は、「勇気に免じてあげよう」って、おひとりだけ手を上げた方にマグカップをあげていたわたルキ。
どんどん、皆さんにほしがっていただいて、嬉しかったでしょうね。
大ラスはどんなでしたでしょう(もってけ泥棒!か、笑)

客いじりも、お客様紹介も、テンションあげるのも、わたるくん得意ですけど、
こういう大きな場で出来て、本当に幸せな舞台でしたでしょうね。
沢山の一緒に闘ってきた仲間とまた、、こうして舞台に立てて・・・。
本当に幸せでしたでしょう。

大楽見られたかたいらしたら、様子教えてくださいね。

スマホにしたら、携帯オフィシャルモバイルが見られないので(すごいショック)、
様子わかりませんが、わたるくんのルキーニ生き切った、幸せ報告あるんだろうなあ。。。。