絵日記

まとぶん 相棒レギュラー 

真飛聖さん(ゆうくん)が、成宮さんの年上の恋人役で「相棒」にレギュラー出演だそう。

びっくりしましたね。

宝塚の相棒で、右京さんを演じたまとぶんが、右京さんの隣で実際に演技するなんて。

寺脇さんの薫ちゃんの砂羽さん、美和子の立場になるわけですね。

右京さんが生活感ないから、その分相棒さんの生活から色々描かれるわけですが、まさか、こういう風になるとは。
及川さんには決まった恋人いなかったからなあ。
その立場が檀ちゃんか・・・(別居中とか、色々また書かれてますが、檀ちゃんはいつもそんな感じだし)

水谷さんは、まじめな感じのきちっとした綺麗な人が好きなので(鈴木杏樹さんとか、映美くららちゃんとか、蘭ちゃんさんとか)、まとぶんもその範疇にはまるから、いい感じにいくかも。
成宮さんとの並びが未知数ですが・・・。

とにかく、まとぶん、相棒レギュラーおめでとうございます。

わたるくんもゲストでいいから、いつか出てほしいと思って幾年・・・。

そろそろ右京さんも定年になるし・・・、
相棒、いつまで続くかとも思っているので・・・、これからが気になります。

スポンサーサイト

染五郎さん 

月曜に奈落の事故にあわれた市川染五郎さん、
大怪我でしたが大事にいたらなくて本当によかったです。

舞台には危険はつき物とはいえ、芸事に邁進している情熱をそのために立ち止まらせるのは辛いものですね。

とはいえ、怪我が怪我ですから、無理されず大事にしてほしいものです。
大河ドラマの孝明天皇役は降板されないそうですから、
それまではゆっくりされて。

23日ごろに放送があったNHKの「新猿之助誕生」の特番。
とても見ごたえがありました。
放送録画しそこなって残念だったけれど、また再放送があるといいな。
(NHKオンデマンドでは、9月のはじめごろまで見られます)

亀治郎さんの猿之助への気概が溢れるばかりで、
役者魂がはちきれていました。いい役者さんだなあと、惚れ惚れ。

染五郎さんも、亀治郎最後の舞台の楽屋で、亀ちゃんの写真に黒リボンをつけたりして、お茶目をしているところ映っていました。
いい仲間がいっぱいで、猿之助さん幸せですね。
そして、無事でよかったと仲間が皆喜んでいますね、染五郎さん。

妹の松たかこさんも事故のあった次の日の舞踊会には、出る予定だったとか。
家族皆で支える舞台での事故、本当の悲劇にならなくてよかったです。

明治座の大江戸緋鳥も、迫力満点で危険もある舞台でしたが、
セリや色々な事、万全にされていたんでしょうね。

祝★大江戸緋鳥808 千秋楽 

昨日は「大江戸緋鳥808」千秋楽でした。

無事幕が下りたようで、おめでとうございます。
凄いカーテンコールの数だったんですね。

YUMIN様、アフタートークの様子をありがとうございます。
わたるくん、ほんとに真央さんにファンモードなんですね(そんなの若い頃からファンなんだ)

ゼーモント様、帰国されてお疲れのところご報告もありがとうございます。
本当にありがたいです。熱気溢れる千秋楽、出演者の皆様も幸せでしたでしょうね。
どんな役柄でも魂をこめるわたるくんですから、直姫様も、生き生きと存在していました。
殺陣も廻し蹴りも、今観られて幸せでした。

DVD発売と、お正月のゲキシネ化が発表されたんですね。
大江戸緋鳥、ゲキシネ向きの舞台でしたね。嬉しい!
殺陣もお芝居も本物のエンターテイメントでした。人情ものの面、運命との葛藤の面、仲間との絆。

バットガールズ~から、忙しすぎる日々でしたが、無事公演のりきれて、よかったです。
わたるくん充実していたでしょうね。
少し休まれて、また気力十分のライブにのぞまれますね。

お江戸 

演出の岡村俊一さん、つかこうへいさんの舞台演出をされていたから、稽古のその場でセリフを変えるスタイルなんですね。
全体とセリフが少しフィットしないかなと思うくらい、セリフが浮き出している場面があったけれど、そのせいなのかな。いい意味で印象的ということですが。

殺陣も素晴らしかった。
わたるくんの殺陣が観られたのが嬉しかったですが、原田さんや皆さんの殺陣が本物でスピーディで、美しくて、見ごたえがありました。

岡村さんのツイッターを拝見すると、13日に岸谷五郎さん観にいらしたみたいですね。
劇団エグザイルで岡村さんとのご縁もあるし、大地さん前の公演が地球ゴージャスですし、わたるくんも観に来てくれたんですね。

わたるちゃん、殺陣の朝稽古で、切れが増すような事も岡村さん書いてくださっていて、嬉しいです。
下地のない人では急には出来ないような難しい殺陣もありましたし(扇子対刀とか)、
益々稽古して、切れよく華麗に斬って欲しいです。


私は、8日に東京に行って、
15日にもう一度お江戸に行きました。

息子が上野の国立科学博物館を見たいと言うので、青春18きっぷを使って強行軍(笑)
その日は、朝から雷がごろごろ鳴り、凄い雨。
静岡の手前で何分も電車が止まり、熱海行きの予定が富士で降ろされました。
後続の電車は待って何とか来て、5時間半くらい東京までかかって、12時過ぎにつきました。

上野は黄金のファラオ展でにぎわっていました。凄い列なんですね。
観たいけれど、時間もお金も予算オーバーなので博物館の直行。

恐竜や科学の色々の展示があって、見ごたえがありました。

日本館に、ジロがいると聞いていたので、行ってみたら、
ハチもいるのですね!
びっくり。他の上野の博物館にいると思っていましたが、並んでました。

moblog_28659c1f.jpg

下がハチで、上の黒い犬がジロです。
渋谷で生き抜いたハチと、南極を生き抜いたジロがこんな同じ場にいるとは。
(ナイトミュージアムみたいに、夜動きだしたらどんな話を二頭はするのでしょう)
感激でした。

ジロは南極基地で5歳で亡くなり、タロは北海道で高齢になるまで生き、今は北海道大学に剥製になっているとか。
こちらも一緒にしてあげたいような・・・。

上野でパンダは見ませんでしたが、
博物館には、フォアンフォアンや、フェイフェイがいました。剥製で。
剥製になると小さく見えるのが不思議です。
ハチも凄く大きい犬だとおもっていたのに、こじんまり見えました。
ジロの方が大きかったけれど。

ありがとうございます 

YUMIN様、大江戸緋鳥をご覧になった感想をありがとうございます。
わたるくんの殺陣、こんなわたるくんが観たかった~というものでしたよね。凛凛しくて。
達者な殺陣の中でも綺麗な裁きでしたし、退団後すぐのトークショーでの亀山ゆうみさんとの対談でのアクションやってほしい~という念願が叶いました。
教室に通った甲斐もありますね。

直姫弁当召し上がったんですね。食べてみたかったです。
明治座のようなところでは、色々準備が必要ですね。
終演後劇場前に横付けされた貸し切りバスの列と、観劇のお弁当がびっしり用意されている(夜の部)さまにびっくりしました。

宝塚ジャーナルの囲み取材の様子。
詳しいですね。

明治座の舞台写真。やはり、綺麗に撮れてますね。

舞台だから何でもありですが、江戸城内に高尾太夫が招かれて舞うとか、城内に牢屋があって大罪人がいるというのも、え??という感じでした(司法はどうなってるのだ。直姫さまがしょっ引くし、町奉行や寺社奉行は?と)
わたるくんの剣舞には、フェルゼン思い出しましたが。
将軍様に見てみたいという言葉にも、スエーデン国王陛下思い出したし。


私、思い出したんですが、子供の頃大好きだった「新八犬伝」の犬塚信乃。
「望郷は海を越えて」の蔵人を見た時、ああ、わたるくんそっくりだったんだ・・・好きになる理由知らずにあったんだと思っていました。
今回の直姫様を見て、やっぱりそっくりと。
人形町には辻村ジュザブローさんの美術館もあるし、行った日はたまたま休館日でしたが、行きたかったなあと。

ジュザブローさんの人形切れながの目で憂いがあって、わたるくん女の時も男のときも、そっくりなんですよね。
艶が似ているというか。

館山城の博物館にある信乃の人形。これも観てみたいものです。
(わたるくんに似てますでしょうか?)

舞台 

おけぴ管理人さんのブログの最後に、フィナーレの写真が。

わたるくんの黒の衣装、わかります。
ブローチのような飾りが紋のところにあり、和風ホストさんみたい(ごめん)

女であることを封印してきた直姫さまが、
緋鳥とであって女であるからこそ出来る事があると知り、成長するところよかったです。

わたるくんの男役が男の人以上にかっこよいのも、
わたるくんが女性だからこそ出来る表現であったし、
今、退団後も女性であるからこそ、多彩な活躍が出来ていますし。
(ちょっとその辺、重なるかも)


明治座は初めてだったので、アクセス迷いました。
東京駅から秋葉原に出て、地下鉄日比谷線に乗り換えて人形町駅まで行きそこから歩きましたが、
地下鉄の浜町駅から、馬くろう町駅まで行きそこからJR総武線に乗り換えて東京駅まで行く帰りの方が、
便がよかったです。


原田龍二さん、「相棒」の陣川さんだし、隆さんにも会えたし、早乙女さんも知る事が出来たし、
いい出会いが多い幸せな舞台でした。
なにより初めて観た宝塚の方の大地真央さんに25年ぶりくらいに会えたし。
「野田版12夜」以来。綺麗さは本当に奇跡のように変わらないです。

原田さん、この後「大奥 第一章」の舞台で秀忠役で全国回るようで、お忙しいですね。
市瀬さんと早乙女友貴さんは「八犬伝」の舞台で一緒のようですし。
八犬伝大好きなので観たいなあ。
犬塚信乃役、西島さんなんですね(AAAの)タータン(香寿さん)が玉梓と伏姫二役で出るそうで。
愛と青春の宝塚の初演で兵隊さん役だった矢崎広さんも出てる。


あと、プログラムの最初に明治座社長さんの三田芳裕氏の言葉があって、フジテレビの三田アナ、明治座の社長令嬢だそうで、おお~、本当にそうなんだと思ったりしました。

緋鳥デイ 

今日、808ディに大江戸緋鳥観てきました。

気取らずに観られる娯楽作の面もありますが、それは真央さんマジックのおかげもありで、
かなり悲壮感があり辛い業を背負った緋鳥の話であり、
石ノ森作品のオリジナル仮面ライダーやXメンウルバリンを観ているようでした。

戦うのはわたるくん担当というより、みんな戦いますし、真央さんの立ち回りも沢山。
原田さんの剣さばきが素敵です。

卍党の若手を早乙女太一さんの弟さん友貴さんがされていて、つちのこというのだけれど、目元がお兄さんそっくりなのですぐわかります。
殺陣も芝居も素晴らしいです。

直姫様は将軍家の一粒種らしく、凛々しく格式があり、
自分が男に生まれていたらという葛藤を背負った人でした。
ちょっと笑顔もあってほっとしました。
最後将軍家の者としてお辞儀するときの懐には、ぐっときました。
直姫様が女将軍になればいいのに。
ただ、お城では姫様姿して欲しかったな。
衣装や鬘の予算が増えるからないのかな。

未沙さんが安定していて、見応えがありました。

かしちゃん可愛いい。
正気をなくすところは元男役らしかったです。

上演時間は休憩を入れて三時間でした。

最後に和モノアンコールがついて、神輿もでました。
真央さんの後かしちゃん、わたるくん単独で歌います。
黒のストライプの着物に黒ラメの袴、
メンズは体操ばりに側転片手回転決めて凄いです。
EXILE状に縦に回る時、わたるくんのすぐ後ろ早乙女くんです。

緋鳥ディは808、八百八町の事でペンライトが配られました。
真央さんからひちょうに非常にという親父ギャグまじりの挨拶があり、
手ぬぐいなげがありました。

ああ、書ききれない~。
懐かしいわたるくんに出会えたような、
こういう事も出来るんだという新たな発見もありました。
ただ、着物越しに触れて胸の膨らみで女とわかるかなあとf^_^;

バットガールズからよくまあ飛べたなあと思うお江戸でした。
花柳湖月ぶり、観られてよかった。

大江戸緋鳥 初日様子 

日テレニュース動画で、わたるくん、オリンピックにかけて話してますね。

大地さんにファンモード炸裂(笑)で、ほほえましいです。
思えば、わたるくんが新専科に異動して初めての公演になった2000年の「望郷は海を越えて」の時、
樹里ちゃんと専科部屋でシドニーオリンピックを見ていたとか。
オリンピック観戦は熱くなって大好きですから、ロンドンオリンピックも熱く見すぎませんように。
(今日は、女子マラソン、録画を見すぎて次の日に響きませんように)
あの時から、12年経ったということ、
そして、新専科異動の怒涛を超えて、舞台人として成長してトップになり、
今も舞台に立ち続けてくれていることの幸せを感じます。

サンケイスポーツでは、舞台写真も一杯。

難しい事は考えず、気楽に楽しく観る娯楽大作という感じでしょうか。

脚本の渡辺さんがつか作品たくさん書かれているとの事で、
その辺も楽しみにしています。

明日のめざましテレビで囲み取材の様子、流れるかなあ。

8月9日のVS嵐の大江戸緋鳥チームには、わたるくん出ないみたいですね。
番組サイトの出演者欄に名前がないもの。予告では大地さん、かしちゃん、東さんが映ってましたね。
やはり、バッドボーイミーツバットガールズの広島公演の日と収録が重なったようで。
でも、放送は楽しみです。

8月12日放送のテレビ東京系列の「ソロモン流」が大地真央さんに密着だそうで、
舞台の様子も流れそうですね。
うちの方では観られるのかなあ。
BSで放送あったっけ?(どうもないようだ・・・・)



祝★大江戸緋鳥808 初日 

今日は、「大江戸緋鳥808」の初日。
おめでとうございます。

暑い夏にどのような熱い舞台なのか、楽しみにしています。
ご覧になった方は、観劇報告掲示板によろしくお願いします。

直姫様は、立ち回りに剣舞、フィナーレはメンズの皆さんを引きつれて歌っちゃうそうで、
どうなるのでしょう。

休憩をいれて3時間30分の長丁場舞台ですから、出演者の皆様も、
観る側も、体力のいる舞台ですね。