絵日記
FC2ブログ

お誕生日おめでとうございます 

本日6月28日は、わたるくんのお誕生日。

おめでとうございます!

沢山の幸せと元気をくれるわたるくんに、沢山の幸が降り注ぎますように。

年を重ねて出来ることが増えていくと、
わたるくんの本質にどんどん近付くと(木村先生が言っていましたが)、
どんどん湖月わたるの魅力の本質に近づいて、ますます若くなるようなわたるくん。

年代をかえる今年も、わたるくんらしく輝かれますように。


スポンサーサイト



JIN 最終回 

「JIN~仁」、とうとう最終回でした。

神にもなれる存在だったけれど、仁を尽くしたという仁先生の人となりが、咲さんからの手紙により、
改めて感じさせられました。

ジンって、ジーンで、遺伝子の事も含んでいるのかなとも思いましたが、それはあるようなないような・・・。

(内野さんは、「不機嫌なジーン」という竹内結子さん主演のラブコメドラマで南原教授を演じていて、
仁子!とよく叫んでいたけど(竹内さんの役名。読み方は他だけど、ジンコと呼んでいた)
内野さん、仁に縁がよくあります(エースをねらえで、宗方仁コーチ演じたし)

結ばれなかったけれど、心は時代を超えて結ばれていたって、いいラストですね。

漫画版のラストと、随分と違いましたが。
(咲さんとは子供はなかったけれど、結ばれて、現代にも戻って、野風さんの子孫のフランス人女性にも出会う)


大沢さんが内野さんより年上で、背も高いなんで、信じられないくらい、
純粋で、涙いっぱいのまっすぐな先生でした。

大きなドラマサイズで、内野さんの龍馬みたいと、仁が始まる前は思いましたが、
内野さんの龍馬は、仁先生の龍馬でした。

内野さんの龍馬が、清濁併せ持つ、リアルな龍馬だったからこそ、
仁の人となりが生きてくるし、ドラマのファンタジーさが、リアルになります。
いい配役で、恵まれていて、幸せでした。

クランクアップ風景を写した、仁のツイッターの、亀治郎さんのクランクアップの時の内野さんの、
ガシッ!と肩を組んだ笑顔、さすが、お屋形さまと、勘介の絆を感じます。
(この時のうしろの大沢さん、どこかの中学生みたいな笑顔で、つぼ・・)


最後に後輩医師役で、まさかの山本耕史さん出演。
仁の世界をわかりやすく説明して、そういうのもありかなあと(何が真実かわかりませんが)
嬉しい共演です。

番宣 

番宣で大活躍の大沢さん。
仁の時は周りが大きいのでわかりませんが(内野さん、177センチ。綾瀬さん、165センチ)、
長身ですね~。181センチもあるんだ。
仁先生の人柄が可愛らしいくて素直なところがあるのと細身なので、意外に長身に見えません。

みのさんの朝ズバ!は、核心ついているようで、みのさんトークがおも・・・(苦笑)
ひるおびは、官軍獅子役でゲスト出演のTBSアナさんの突撃ぶりもあって、面白かったです。

最終回台本は、大沢さんのラストのセリフは白紙にしてもらって、その場で聞いて演じたというのは、
凄いですね。役者魂。
一番演じていて大変だったシーンは、拷問のシーン。
それに準じてリアルにつくるので、叩いてはいないけれど吊るされたり大変だったと。(仁ハードなシーン多いですものね)

番宣の間に、最終回ナレーションをしているというのも、大沢さん凄い。
石丸さんのツイッターも面白いです。

最終回を待つ、このワクワク感。
何度もあるもんじゃないです。こういう、楽しみなドラマ。
観るのが楽しみで、おしいような、この極上の気持ち。


明日のダイジェスト放送は、メイキングも少し流れるそうなので、どの場面が流れるのか楽しみです。


番組サイトの、出演者インタビュー読み応えがありますね。

藤本さんのインタビューで、内野さんとかつて300ステージ以上ご一緒した話が(エリザベート)
頼れる兄貴ですって(あんな、アニキっぽいかたから・・・なんて嬉しいお言葉)
オーストリアの話から、着物同士で合うのは不思議と言うのが、さもありなんで・・。
大沢さんとは水泳してみたいって・・・(笑)


内野さんが、大沢さんは龍馬が愛した仁の“純粋さ・ひたむきさ”みたいなものを持っていらっしゃるということを。
嬉しいお言葉。

中谷さんの、丁寧に作られたウエディングドレスの話に、スタッフの熱さが伝わってきます。
綾瀬さんと一緒の現場は華やぐし、話が楽しいと。

「仁の話は壮大なファンタジーだけれど、妙にリアルなファンタジー」という言葉に、
中谷さんの的確さを感じます。
本当にいい役者さんが、揃った、スタッフさん達も熱い良質なドラマです。

JIN 

最終回にむけて「JIN」の番宣

ところによっては、土日にダイジェスト版総集編が流れるそう。
名古屋であるので、とりあえずそれを録画しよう。

はなまるは、恵介さんで、
王様のブランチは皆だ。

金曜は大沢さん大活躍で、朝から出ずっぱり。

内野さんは・・・出ないなあ・・・(T_T)

2013年大河ドラマは新島八重 主演は綾瀬さん 

2013年の大河ドラマが「新島八重」と、発表されました。

震災復興のために、急遽変わったそう。

同志社創立の新島譲さんの奥様だそうで、こういう婦人視点の大河ドラマって珍しいですよね。

幕末は男装して戦った烈女だそう。

どなたが、そんな方を出来るのかなあ・・と思えば、
なんと、綾瀬はるかさんがされるそう!

びっくり。

大河主演とは、凄いです。


今はまだ、咲さんのイメージが強すぎますが・・・。
(旦那様の新島譲さんも、大沢さんのイメージが脳内で広がる~。いいご夫婦仲だったそうで)


急に変わったというのは、ライターの方、どなたか何か準備されていたでしょうに、どう変えたのでしょう。


復興テーマで福島というと、
野口英世でも、個人的んには大山捨松女史などいいなあと思ったんですが。


明日のスタジオパークにマミさん 

明日、23日のNHK「スタジオパークからこんにちは」に、
真琴つばささんが出演だそうです。
トークが楽しみですね。

野獣に夢中って、なんだろう。
昔野獣でしたが・・・(ローンウルフ)

JIN 

「JIN」の最終回、前篇、野球が延長で放送時間ずれなくてよかったです。

原作、途中まだ読んでいないので(最終回だけ読んだという、大バカ者)、
原作とドラマの違いはわからないのですが。

脳内胎児状腫瘍(?でいいのか)は、龍馬さんと仁の絆だと思っていましたが、
もしかして、もっと深いもの?

内野さん、目を閉じていると、綺麗な男前だなあ・・・と。

必死な仁先生が、可愛すぎて、涙もひっこみます。


映画「あかね空」で、内野さんは、馬に蹴られて死んで、中谷さんがおかみさん役で、お葬式だしてましたが、
あの時、仁先生がいて助けてあげられたらと思いましたが、同じような傷で、やっぱり・・・。

内野さんと中谷さんの雰囲気が、今回に重なって、また「あかね空」観て観たくなりました。


内野さんの役者魂と言うか、演技のうまさ、龍馬臨終の場面で、堪能出来ました。


(といいつつ、この二人、トートとファントムだよなあ~と、思いつつ観てました)

穏やかな、死に顔と、
「先生のような、優しくて馬鹿正直な人が生きられる世にできたか・・・(確かこんな感じ)」という言葉に、
「出来たと思います」という、仁先生の答えに、悔いなく旅立った龍馬さんでした。
(でも、まだ・・・・・)

大事に魂をかけて手術されている龍馬さんと、外で殺されて道に転がってるのに誰も近くを通らなくておおごとにならず、死んでいるであろう中岡さんとの差に涙(T_T)
亀治郎さんが演じるので、どうなるのか、楽しみにしてたのに、
仁との絆が優先されて、中岡さんは~~~(龍馬伝では龍馬を斬った男なのに~)

子供が、凄く楽しみに観ていて、最終回も気にしています。
中学でも人気があるみたい。

トニー賞授賞式 

一年に一度の楽しみ、トニー賞授賞式、
今年は久々に、ヒュージャックマンがゲスト出演(YOUTUBEに飛びます)して、現司会者、二ール・パトリックと歌対決なんて、
夢の舞台でした。

あのガタイで、歌って踊れて本物なんだから・・・言うことないです。
(昨日はXメン、日曜洋画劇場で久々に観たし)

ちょっと、デュエットダンスする~(笑)と言うところがありましたが、
最後本当にデュエダンして、なかなかに面白い企画です。

(宝塚の男役同士では時々ありますが、海外の舞台ではあまりないですしね)

男同士のダンスが絵になる、二人です。


ダニエル・ラドクリフが、「ハウツーサクシード」で、あんなに歌って踊れるとはびっくり。
才能がいくつもあるんですね。エクウスも主演してましたっけ。
キムくんが、今度雪組でハウツーするそうで、今、旬の舞台なのかしら。

ブルースインザナイト 

「ブルースインザナイト」の情報が、公式に出てからしばらく経ちます。

なかなかに忙しくて、今頃になりましたm(_)m

朝、めざましテレビで、ジェロさんが初舞台と言われていて、聞いてはいたんですが、
まさか、それが「ブルースインザナイト」で、わたるくんが出る舞台だとは。
わかった時は、嬉しい衝撃でした。

共演の森久美子さんは、実力者だし、去年はウメちゃんが地球ゴージャスの舞台でお世話になっているから、
余計に親しみがわきます。
AKB48の方お二人がWキャストなんですね。可愛いところで旬なところですね。

ジェロさん、以前、密着物をNHKで観ましたが、アメリカで大学も出ていて、凄く真面目で芸に真摯なお人柄で、
わたるくんもそういうところあるから(真面目で芸に真摯・・)
とてもお話とか合いそう。
楽しみです。

コマ・スタジアム制作なんですね。
公式サイト、まだ準備中ですが。


美しくスタイリッシュな年齢不詳の女、WOMANがわたるくんなんて、
衣装とか雰囲気が楽しみ。
スタイリッシュなの似合うから。

今わかっているのは、9月30日~10月9日まで、東京、天王洲銀河劇場にて上演ということだけですが、
大阪行くでしょうけれど、名古屋公演もあるといいなあ。

紫陽花 


今年も、紫陽花が色づきはじめました。

様々な色に変わる紫陽花。
わたるくんの好きな、紫陽花。

植えてから、十年くらいになるでしょうか。
大きくなりました。


スカイステージニュース 

小林公平先生没後一周年メモリアルコンサートの様子、
今日のスカイステージニュースの冒頭で放送されています。

現役さんメインですが、OGも映っています。
わたるくんの衣装、宇宙戦艦ヤマトみたいなんですね・・(個人的見え方か?)

ずんこさんを見守ってましたというようなことを、わたるくん。
お疲れさまでしたという、天然檀ちゃん。

ヤンさんが衣装替えが大変だったというのに、私達出ていなかったという、マミさん、りかさん。
りかさんは、出てたということで、こっち側だと言うところも。

大体二日放送、週末にまた放送ですから(以前の通りなら)、
これからも観られますね。


コンサートの放送、早くも7月にはあるんですね。
楽しみです!

ありがとうございます 

ゼーモントさま、とんちっちさま、
小林公平先生の一周年メモリアルコンサートの様子を、詳しくありがとうございます。
本当にうれしいです。
懐かしい大劇場で、懐かしい方々、往年の素晴らしき方々との、
わたるくんも嬉しい時でした様子、伝わってきます。

ソウルオブシバだったんですね。
てっきり、愛するには短すぎるかと思ってました。

小林先生が、客席にいらしたら・・・嬉しい演目が選ばれたんですね。
海外公演に力を入れてらしたから。

公演後の様子もありがとうございます。
宝塚での、懐かしく貴重で嬉しい時ですね。
気づかいと優しさもで、嬉しさ何倍もですね。おすそわけ、ありがとうございます。