絵日記
FC2ブログ

祝★愛青大楽 

とうとう、星チームの名古屋でのラスト公演終わりました。
明日の月チームの大楽で、愛と青春の宝塚、公演、ラストを迎えます。
大変な時期だからこそ、皆の心を照らす希望を灯してくれる、かけがえのない思い出深い公演となりました。

復興を遂げて、また、その地に愛と青春の宝塚の公演が行けたら、
と、願っています。


名古屋でのわたるリュータンの様子、ご覧になった皆様、様子を教えて下さいね。
名古屋と言うことで、本当なら駆けつけたかったのですが、
きっとそうなるだろうと予想した通り、娘二人の進学が重なり、もうどうしていいのかわからないほど、
毎日大変で、今ピークで、とても行けませんでした。

kopyさま、大阪公演の様子、ありがとうございます。
お互いに行けるところで、最大限に楽しんで公演に臨みたいですね。

鈴木裕美さん演出と、初演の始まる前に聞いた時、やった!!、
鈴木裕美さんの演出の舞台にわたるくんが!!と喜んだ通り、
様々なところに行きとどいた、素晴らしい公演でした。

内野さんがトートを演じたころの貴重な、NHK教育での鈴木さんとの対談。
「歌うのか~歌うのか~歌った~~」と言った時の、正直な(笑)鈴木さんにとても好感を持っていましたし。

演劇ライフの鈴木さんのインタビューも、素敵ですね。
愛青の初演のお稽古で、
男役になるときの衝撃感って・・・(笑)
仮面ライダーの変身以上に、グレートでスペシャルな存在ですね。宝塚の男役。
だから・・・面白いし魅力的だし、
その衝撃感があるから、わたるくんに惹かれているんだろうなあ・・・(笑)

スポンサーサイト

大阪公演 

ゼーモントさま、梅田芸術劇場での「愛と青春の宝塚」公演の様子、ありがとうございます。
今だからこそ、リアルに勇気づけられますね。

募金を募るわたるくんのお顔も、素敵です。
真摯な気持ちが伝わってきて。

今、(私自身)いっぱいいっぱいであまり書けませんが、
大阪からのパワー、いっぱい受け止めました。

↓で、コメントいただきました某様、本当にありがとうございます。
公演楽しまれて下さいね。
全公演上演出来て、本当によかったです。
全国で勇気づける舞台、回って欲しいくらいです。


梅の花咲く 




うちの庭に、桜のような薄いピンクの紅梅があり、毎年開花を楽しみにしています。

昨日、うちの地方では公立高校の合格発表があり、下の娘が無事希望高校に合格できました。
よかったです。
桜咲くです。

上の娘も、私立はなんとか合格が来たところがあり、公立待ちですが、なんとか行くところは出来ました。

1月からこちら、かなり大変で、一つ一つのことを乗り越えていくのがやっとでしたので、
ほっとしています。
これから、手続きや、お金のことなど沢山することはあるのですが、ひとまずよかった。
自分が納得できる道を、自分なりに歩いていってほしいです。



昨日、静岡では富士宮で大きな地震があり、
こちらでは、緊急地震速報が出て、身構えていたら、1分ほどで普通と違う揺れが。
時期が時期ですし、いよいよ東海地震連動してきたかとか、富士山大丈夫かとか、1分ほどの間に色々考えました。
震度6で、富士宮は被害も大きかったよう・・・・。
大変です。お見舞い申し上げます。

こちらは、震度3でなんとか・・・。

水やカップめんが昨日から品薄になってきているけれど、これで今日更にですね。

こちらは浜岡原子力発電所があるし、東海地震本当に来たら、どうしようと不安は広がります。
福島の原発、安定するといいのですが。


昨日は、ちょうど「美しい隣人」を観ていて、地震ニュースで、檀ちゃんがナイフを持ったところで切れてしまい、
その後復帰するも、11時5分ごろ?から、また地震ニュースで、
いきなり仲間さんが、蛍の中ボートに揺れてました????
どうも、静岡だけ中断じゃなくて、その間が飛んでしまったよう。
ここまで見続けてきて、筋が全くわからなくなってしまいました。
地震の事を思えば、そんなことなのですが、気持ち悪い感じ・・。
DVDが出たら、観てみます。

ラスト回の怒る檀ちゃんや叫ぶ檀ちゃんに、「王家に捧ぐ歌」のアムネリス様を思い出しました。

一番怖そうというか、切れたら半端ない渡部さんや、情に怖そうな檀ちゃんが普通の人で、
普通度が高い仲間さんが、怖いというのは、不思議と言うか演技の醍醐味ですが、
檀ちゃんラストさすが怖かった。
「八日目の蝉」みたいなところもあったし。

震災 

11日に発生した東日本大震災は、その後も被害の全容も見えないほどの激甚災害で。
お見舞い申し上げますと言えないほど、
呆然とする人の想定を超えた有様です。

なんとか、一つ一つ前に進めますように。

発生時、うちの方では震度3だったようで、車に乗っていましたので信号が随分ぐるんぐるんと動くなあと思っていたら、
ラジオから地震の情報が。
後期試験をまだ終えていない娘が、新幹線で西に向かったのを送った後でした。

その後、ついた後に連絡が来まして、京都で一時停車したけれど、
動いていたとのことで、ひとまずほっ。

後期試験が関東、東北各地である時期なので、受験生どうなってしまうのだろうと、心配するなどというのを、
超えるほどの被害が続々と明らかになり、本当に胸が痛いです。
お見舞い申し上げます。


地震が起こる前にこの被害を言っても、誰も信じない規模ですよね。

うちも海岸に近いし、川も近いので東海大地震が来たらどうしようと、様々に考えてしまいます。
どこまで逃げればいいのか、どこに逃げればいいのか。
普通に避難地というのは、平面移動だし・・。
昔、高台まで津波で逃げたという話を聞いたのですけど、本当かなあと思っていたのが現実味を帯びます。



わたるくんは、地震発生時は東京で、エレクトリックシティに向けてのレッスン中だったとか。
家にもその後無事帰れたようで、よかったです。
被災地の方々の無事への願いと、お見舞いの言葉、復興への願いの言葉が、オフィシャルブログにてつづられて。

「愛と青春の宝塚」の戦争被害と復興への願いは、今の時期、余計に心にしみますよね。
明日への願いへと・・・。

12日の熊本公演に向けて、谷本充弘さんのブログに、ちょうど一本だけ飛べた飛行機で後発隊のキャストも無事つけたとか。
よかったですね。
誰がいなくても公演成り立たないもの。


次の公演は、大阪。
OGの方々は阪神大震災に被災された方も多いですし(95年以降入学の方以外は皆さんですものね)、
より想いをこめて演じられることと思います。

その後、北海道ですが、舞台装置のトラック、無事行けますように。
空輸と言うわけにいかないでしょうから、日本海方面の高速を使うのでしょうか。
その頃は、一般車も東北高速道路使えるといいのですが。


日々の地震への備えと、何か出来ることを考えつつ、
一日も早い復興をお祈り申します。

尾野さん朝ドラヒロイン 

次の次のNHK朝ドラ「カーネーション」のヒロインに、尾野真千子さんが決まったそう。
尾野さんというとキャリアもあるし(今、29歳)、びっくりのヒロインだ。
何度目かの挑戦で、今度もオーディションで決まったというのもびっくり。
「外事警察」にも出ていたが、「火の魚」が好きだった。
「萌の朱雀」ももちろん、素晴らしい。

彼女は、時々びっくりするくらい檀ちゃんに似ている。
鼻の形とか、目が似てるのだ。
(金麦のCM、代わりに出ててもわからないんじゃないかと、ふと思うくらい)

コシノ三姉妹のお母様をモデルにした、朝ドラだそう。


来季の朝ドラは、井上真央ちゃん主演で、こちらもびっくりのベテランさんだ。
お父さん役に寺脇康文さん、お母さん役が原田知世さんだそうけれど、小さい時だけなのかな。
随分と若いお父さんとお母さんだ・・(寺脇さん、もう49歳だど、若く見えるから)

ぴーかんTV 

マミさんのサイトで直前にお知らせがあったので、今日休みだったこともあって東海テレビのP-CANテレビの観られました。
昨日内藤剛志さんのスタイルテレビに出られたようなので、それも観たかったなあ。
(内藤さん、弥七でりかさんと共演してますよね。りかさんが弥七の初恋の人役で)

1時間30分の長い情報番組ですが、マミさんはコメントとか慣れているので普通のニュースに上手にコメントされていました。
受験カンニング事件には、マミさんは自分でバイトしてレッスン代を稼いで、夢の宝塚に入ったと。
飛騨牛のハンバーグ通販の試食には、とても美味しそうにされていました。
ピンクのフリルの華やかなブラウスに、下タンクトップでとてもお綺麗でした。

番組最後に、宣伝があり、
演出家の先生を岡田さん、将校さんをライオンキングの初演キャスト、シンバだった方と男性も出ていますと。
主題歌が時を超えて~♪とバックで流れていましたが、わたるくんの声だったような。

マミさんの舞台姿も流れました。白い軍服姿、もんぺでのダンス(わたるくんと柄が違って、かすりのドットなんですね)、ユリちゃんトモに「相手役やないか!」と迫真に訴えているところ、
トップ姿など映りました。
「可愛いところ映して~~」と、マミさん。乙女なところなかったからと・・・。

「ダブルキャストで湖月わたるさんが、身長300メートルくらいで」と、マミさんが言われるので、
「ウルトラマンより高いじゃないですか」とか、「スカイツリーじゃないですか」とか、言われていました。
名古屋公演がラストなのでお見逃しなくと。

名古屋もマミさん版も、観たいけれど、その頃バタバタしてるだろうからなあ・・・。

最高! 

ネットサーフィンしていたら、坂元さんのファンでいらっしゃるgene様と言う方のブログに。

坂元さんへの愛が溢れいて、東京千秋楽での坂元さんの日程の間違いのイラストが可笑しくておかしくて。
最高です。

あなんか、刺さったも・・・(笑)

そうそう、わたるくんと坂元さん、同い年なんですよね。

魂の舞台 

「愛と青春の宝塚」の舞台、浜松公演、とても丁寧に演じられている荘厳な感じがしていました。
それまでも大切に演じられていますけれど、より違うものが込められているような不思議な感覚。

特に、速水中尉の坂元さんが「あなたは生きて下さい」「生きていれば必ず・・・」というセリフに、
感情がほとばしるようで・・・。
なにかアトムさん、生きていてほしかったと語っているような。

谷本さんのブログを拝見すると、浜松公演の前に、皆さんでアトムさんに黙祷されたんですね。
その悼む心が、魂が込められていたのかな。
戦争や亡くなった方達への想いと共に。

大本営発表は、アトムさんのお声が残っているんですね。

哀しみとともに、舞台へ残される心と魂を感じます。



やっと、娘達の受験も一息つきましたが(まだこれからもあるし)、まだまとまって観劇報告には書けないので、
簡単に。

いちご、一つだけ本物で後は作りものなんですね。
食べた本物は女峰かな、とっても大きなイチゴでわたるくん少し残してました。

美郷さんもロケットしてるんですね。宙組元組長と元トップコンビ(かしちゃん、るいちゃん)が並んでロケットとは凄い。



「歓迎嶺野白雪様御一行」の幕が無くなってました。

緑の袴、スカート状になっていて、袴じゃないんですね。

音楽学校の試験で、谷本さん達、タッチーの名前がないのを名簿であれ?と凄く確認していてお芝居細かいですね。
トモのダンスにはこの子は行けるとふたりチェックしてるし。
高橋広司さん、味のある役者さんですね。(おじゃるまるの冷徹斎もされてるんだ、どうりでいい声で)
フィナーレのダンスもとてもかっこいいし。

満州の場面で、片足靴が残ってしまい、船上の場面、ずーっと一足ありました。
武庫川の場面になる前にスタッフの黒い方が出てきて持っていってました。
まきこんだら、セットに支障がでますものね。

オサムのスケッチブック、こちらを向いてる時があって、本当に七色いんこが描かれてました。
松下さん絵がお上手だから書かれたのかな。大きなサングラスの長髪の人が。
(七色いんこより、リボンの騎士やアトムの方が有名でしょうけど)
松下さんが言われている素直に歌うこと、ストレートな素敵な歌声で実現されています。
松下さんのブログも、とてもいい感じですね。
普段はイケメンさんで、踊りもカッコよかった。

初演では、さえちゃん、えみくらちゃんばかりで、かしちゃんるいちゃんは、初めてでした。
元トップコンビが共演しているのは気持ちいいですね。
とても綺麗な次世代トップコンビは現実にコンビを組んでいたわけで(さえちゃん、えみくらちゃんもですが)

わたるくんのベニをいいこいいこするところや、トモをぐっと抱きしめるところの、
仕草の優しさや力強さに、グッときました。
本当に優しそうで、力強くてこの人といたら安心という包容力がよく出てます。

軍服での影山先生とのパート入れ替わりのシーンは、ますます素晴らしいものに。
笑いも沢山起きてました。
うさぎちゃんの耳をあまりに引っ張るので、影山先生が耳が無事か確認してました(笑)
キャッチは成功!

うどんの場面では、リュータンの迫真の影山先生を励ます心に、先生の気持ちが動くところ、
よく見えました。
プロポーズの後の心の寄り添い方も、とても自然で美しい・・、そのままのあなたと二人で生きていきたい気持ちが溢れてました。

奔放ででも、温かくて憎めないリュータンの人柄、
大きな包容力と母性愛、わたるくんの魅力を十二分に発揮できるリュータン役にまた出会えて、
とても幸せです。

うなぎパワー 

東京で観た時は、ちょっと飛ばし過ぎかなと力み過ぎかなと思ったところが、全体としてよかったです。
リュータンの大きさ(果てしない包容力)に、いい感じに取り込まれてました。
音響がすごくいい2400人くらい入るホールなので、青山で凄く音が大きく感じたのでどうなるのかなと思いましたが、音もいい感じでした。
舞台の天井が凄く高いのに、ちゃんと幕が上まであって感動。

二列ですが、一列目のない二列なので実質一列で、
こんな前の席は、お披露目の「王家に捧ぐ歌」を阪急交通社のツアーが電話がすごく早くつながって一列で観て以来。
本当にありがとうございます。
大羽根をしょったプロローグのラストのわたるくんが目の前で、目もあったように感じて、非常にビビリました(^^;)
そして、トップ姿に涙しました・・・。
12年前・・・ここで出会えたから今日があるんだなと、感激。
COCOのノエルちゃんでもこの劇場に来てくれたけれど、退団してもトップ姿がここで観られたというのは、また一塩の想いですから。
ここでトップ姿のわたるくんが観たかったんです(どんな劇場でもどんな立場でも、しっくりと嵌るわたるくんですが、それとは別に観たかったんです。だって・・そうなる人じゃないかなと、最初に観た時直感で何も知らないのに感じたから)
男役の目つきとか、ポーズが決まると、なぜか最初に観た「エクスカリバー」のクリストファーを思い出しました。

これ以上ない前なのに、戦時服の名札、オペラで観ても全然見えなかったです。
残念・・・。字が薄くて小さいのか。

満州で狼食べたるの後の暗転でも、しっかりトモうめちゃんを抱えてひっこむわたるくんや、
大団円のハッピーエンドの後、影山先生としっかり抱きあったままひっこむわたるくんが見られました。
舞台をはけるまで気を抜いてないところが好きなんですよね。


詳しい舞台のご報告は、また後ほど・・・。


フィナーレ、めちゃくちゃカッコよかった!!!!

カーテンコール、わたるくんから少しご挨拶が。
前の方スタンディングになってました。

ツアーが浜松から始まったこと。
昨日食べた、うなぎ、めちゃくちゃ!美味しかったです!!と。
うなぎパワーで今日頑張れましたと。
心をこめて演じてまいりますので、またどこかの劇場でお会いできましたらと、笑顔でした。
岡田さんにエスコートはされてなかったですが、いい感じで二人ひっこんで、
わたるくん、投げキスで退場でした。感謝深いお辞儀とともに。




始まります 

もうすぐ始まります。

かきわりも来ると思っていたので、残念。
初演の静岡には来たのに。

かつてないいい御席なので、びびってます。

初めてここでわたるくんをみて、十二年。
大羽根を背負ったわたるくんがここで見られるなんて、感涙です。
幼稚園にはいりたてだった娘は今日高校受験です。

浜松入り 

谷本さんのブログを拝見すると、今日浜松入りして、
うなぎでパワーをつけられたよう。

皆さん、前日入りなのかしら。
わたるくんも、もう浜松にいるのかな。ドキドキ(笑)

ココの時は日帰りだったから。

追悼 小林アトムさん 

yumin様、東京千秋楽の様子をありがとうございます。
娘達の受験がちょっと大変でして、お礼も申せず失礼しました。
Wリュータンのカーテンコール、凄く盛り上がったみたいですね。
坂元さん、可愛らしいなあ。

明日は、浜松で、ツアーがいよいよ始まりますね。


再演で懐かしく初演を思っていた、小林アトムさんが2月28日お亡くなりになったそうで、
大変に残念でショックです。肝臓がんだそうで。
「桜の花~」と、さすが元劇団四季なフィナーレのダンスが大好きだったのに。

谷元充弘さんのブログにも、アトムさんのお話が。
初日来て下さったのに、急変されたんですね・・・。

四季でのお仲間で「ライオンキング」でのアトムさんとの共演が印象的だった、治田敦さんのブログを読ませていただくと、涙が出てきます・・。
残念でなりません。
これからもっと味の出てくる役者さんなのに。

四季のお仲間の方、沢山ブログなどて悼まれてますね。

イラストレーターのコイケケイコさんのブログにも、アトムさんの訃報が。
とてもチャーミングなお人柄がうかがえます。

愛青チーム皆さん、悲しいと思いますが、坂元さん「ライオンキング」仲間ですし、余計に・・・ですね。

ご冥福をお祈り申し上げます。