絵日記

祝★ディアナ東京公演千秋楽 

台風も、昨日ぬけて、千秋楽ですね。

感動のフィナーレだろうなあ。

スポンサーサイト

大奥 

上映開始から一カ月で、そろそろ上映時間帯も変わってきそうなので「大奥」、
観てきました。
三週間たっても短縮されないということは、ヒット中なのですね(まだまだ公開続きそう。すぐ打ち切りだともそろそろ終わりかと)

柴咲コウさんの吉宗が、かっこいいので原作から読みたいなと思って、
何日か前にネットカフェで事前に読んでから(荒読みですが)、観に行きました。

まずは、となみちゃん(白羽ゆりさん)
主人公、水野の姉で、家を守る存在。
家のために水野は大奥入りしたのだから、大事な姉君。
まだ独身みたいですが、21くらいなのかなあ・・。
男女逆転社会では、彼女が出仕するのでしょうか。倍賞さんが出仕する姿、凄い迫力だろうなあ。

泣いてばかりでしたが、もうちょっと弟との会話があるといいなあ。
「蝉しぐれ」のふく役、やはり観てみたいです。外部の舞台でも、いつか叶うかも。


二宮さんは、図ってそうしているのかどうなのか、歩き方とか武士の歩き方ではないし、
佐々木さんや玉木さんと明らかに姿勢からして違うのは、水野のキャラクターのためでしょうか。
肩幅が凄くないというか・・・、堀北真紀ちゃんより、肩幅狭いんじゃと。

ふらふらとしているようで、不思議な生命力のある水野でした。
それが魅力なんでしょうね。凄く不思議な魅力。

柴咲コウさんの吉宗は、そのまんま、原作そのままの雰囲気。
よしながふみさんのご指名だそうで(柴咲さんは、これ私じゃないんじゃと言ったら、原作者のご指名だということで納得されたそうで)、
さすがの人選。

柴咲さんのインタビュー

同じような系譜では、中谷美紀さんなども嵌りそうですが、やはりコウさん。
白馬での疾走は、暴れん坊将軍を意識されたのか・・・(ちょっとギャグかと思いました)

続きを読む

台風 

急に寒くなったと思ったら、台風到来とは・・。
天候、めちゃめちゃな感じですね。

ということは・・、
この時期、まさかまさかの・・、
予想もしない、千秋楽あたり台風ということになるのでしょうか(^^;)

台風直撃しそうで、当日は大丈夫なこと多いから、大丈夫でしょうけれど、
嵐を呼ぶ男、もとい、女なの・・、いつもですね(わたるくんは、私せいじゃないというか、違うといいそうですが)

とはいえ、
素晴らしい、無事の東京千秋楽を願っています。

ディアナDVD発売 

「ディアナ」のDVDが、発売されるんですね。

昨日、忙しくてPCをあけられなかったので、深夜に知りました。

今朝、早朝にメールで申し込みをしましたが、返信はまだ来ず・・・。

う~~ん、もう、300いっちゃってるだろうしなあ・・・・。

限定で発売するなら、事前に告知して欲しいですし、
(一週間後から、発売ですとか)
今からです、さあ、スタート!では、あまりにプロの売り方ではないような・・・。
スタートラインを揃える、気づかいが欲しいです。

続きを読む

ありがとうございます 

ハルさま、ゼーモントさま、観劇報告掲示板に、ありがとうございます。

出のわたるくん、スカートだったんですね。

泣き疲れただろうからって、お茶目なサプライズですね。
ファンは、嬉しいですね。


ルミさま、はじめまして。

観劇報告掲示板に、感想をありがとうございます。

それぞれの感性と涙線を刺激する舞台ですから、感想、書いて下さってとても嬉しいです。
沢山の感想、お聞きしたいですし。

退団後、ファンになられたんですね。
出会った時が、嵌りどきですから・・、その時の出逢いを大事に今に至られているのって、
素敵ですよね・・。

これからも、色々お聞かせ下さいね。

にゃんこ 




今日は、急に天気が良くなってきたので、
午前中、にゃんこが外に出て日向ぼっこしていました。

そのポーズが、あまりに可愛くて・・・。

雨水を、お花用にためてあるポリバケツの横で・・。

すぐ、ポーズ変えちゃいましたけど・・。

この頃は元気なので、このまま元気に過ごしてほしいです。
毛並みもいいし、体調もよさそう。

満月 





夕顔が、よく咲いています。

ぱっと開いた大きな花は、満月のよう。

23日は、公演中の満月でした。

わたるくんもどんな気持ちでご覧になったのかしらと、思っていましたが、
出で、満月の事、言われたようですね。

月に想いを馳せて・・・。

続きを読む

バースディカード 

今日の午後、犬の散歩から帰ったら、
娘がニコニコ(にやにや)しながら、はがきを一枚持ってきました。

あ!?、今日届いたんだと、すぐわかりました。

明日、私お誕生日なのすけれど、前日にバースディカードが、
ACROSSから、送られてきていて。

日にちをあわせていただいて、ありがとうございます。


「こうして、顔を見ると綺麗な女の人だよね・・。」
と、娘(笑)

え?、舞台のDVDでは男に見えるとか・・・(思っているのでしょうか)
(昨日、愛と青春の宝塚をNHK教育で観ていたのを横目でみたいたし・・・)

綺麗なわたるくんで、娘にもそう言われて、ちょっと嬉しいので、
バースディカード、更に嬉しくなりました。

続きを読む

えるこみ 

リビング新聞の、舞台についてのサイト、ブタコメに、
「DIANA」の劇評が載っています。


歌に定評のある姿月さんと、ダンスと包容力の湖月さんの、月の女神の共演と。

ディアナの舞台についても、シンプルに的確に書かれています。

岡田さんのクリスマスディナーショーの紹介や、
佐藤アツヒロさんの記事など、わたるくんも御縁のある方達の情報もあって、
うんうん・・・と、読みました。

愛と青春の宝塚 NHK教育放送 

昨日のNHK教育の「愛と青春の宝塚」の放送、ドキドキしましたね。

冒頭のわたるくんのインタビューは、真摯に舞台の事を話されて、
ウルウル・・・。
しっかり話されるので、安心して聞いていました。

今日になって、録画を見直して、
DVDと同じ映像ですが、久々に観る「愛青」の真摯な世界に感動・・・。

リュータンのパワーと、女性としても包容力のあるところと、
恋する可愛い乙女・・・ぶり。

ああ、いい作品に巡り合えてわたるくん、幸せだなあ・・と。

更に、再演にも出演出来るなんて・・幸せですよね。


影山先生こと、石井一孝さんがブログで、振りかえられていて、嬉しいですね。

「大切な仲間」
わたるくんのバイタリティを。

リュータン、パワフルだものねえ・・・(^^)

更に、石井さんが、和製ミュージカルの可能性として、愛と青春の宝塚の事を。

鈴木裕美先生、大石先生のお力は勿論ですし、
最後の舞台作品となった、三木たかし先生の音楽お力も大きいです。

劇団四季の「李香蘭」や「異国の丘」は、三木先生の楽曲でしたから、
そのお力が、愛と青春の宝塚の独特の和製ミュージカルへと続いていて・・・、
素晴らしい作品を残されたのだと・・。

本当にいい作品ですよね。



ライブDVDとカレンダー 

東京芸術劇場のロビーで売っていましたので、
他の劇場でもたぶん、買えると思います。

8月のACROSS LIVEのDVD(8400円だったかと)と、
2011年度のわたるくんのカレンダー。

カレンダーは、ひまわりの絵柄のものと、
ティムバートンのゴーストブライドに似た、ダークな雰囲気のわたるくんの写真が目につきました。
まだ、手元に届いていないので詳細はわからないのですが、
ちょっと見た感じで。

「アンダーワールド」のケイト・ベッキンセールみたいで、とても見て観たかった、
実に好みのわたるくんでした。

ターミナル 

いつも紹介して下さる、「ターミナル」のこぼれ話

わたるくんもずんこさんも、舞台では写真よりも何倍も綺麗でした。

生き生きと息づいていたから。

本当に美しい。

生き生きとした瞳。歌声。深い心の動き。

涙が頬を伝うというより、もう、もっと号泣しながらも、
芝居が続けられるのが、毎回プロの舞台人だなあと思います。

わたるくんの涙は、本当にいつも心を動かされます。




なんか・・・、気づかなかったのですが、
「ディアナ」って、ギリシャ神話というより、ローマ神話ですよね。

ギリシャ神話では、アルテミス。

ルーナの母がギリシャ系移民で、つけた名前なら、アルテミスの方が自然なのかな。
イギリス系やイタリア系なら、ディアナそのままでしょうけれど。


月は命を生み出す、波動という表現もあったらなあ・・・と、後から思いました。

月の満ちる時、子供が生まれるという神話(?)もありますし。

月、地球、太陽、の関係性はあまり触れられず、
神話を元にが多かったですから。

嬉しい感想 

ずんこさんもわたるくんも共演したことのある、
光枝明彦さんがブログで、感想をおっしゃってくださっています。

生身のぶつかり合いですって。


「ACHE」で、わたるくんが共演して、ずんこさんが今度ブロードウェイコンサートでご一緒する、
戸井勝海さんが、ブログで「DIANA」の感想を言われいます。

その時より、後から号泣してしまう舞台だと。

自分の中の記憶をたどって、自分も舞台をたどるからかなあ・・・。

それぞれの経験や記憶で、色々に感じる舞台ですよね。

これから結婚する人、家族とともに生きる人、一人で生きる人、
子供を産む人、結婚していてこれから子供を産む人、
子供を産んだ人。生まれなかった子供・・。会えなかった子供・・・それぞれですから。

命って、生命の誕生って、ほんと不思議です。


わたるくんがスタジオに、通ったことがある池田ミチルさんのブログにも、
ディアナ、観劇の事が。

「相変わらず男前ながらご丁寧に腰が低い」とのことで、
想像できますね(^^)
ああ、わたるくんだなあ・・・と。





ディアナ 

チケットぴあニュースで。

スタイリッシュで実力派がそろった舞台と。


演劇キックサイトで

おけぴ管理人さんのブログでの紹介。

わたるくんのルーナの表情に、凄く惹き込まれます。
真骨頂の演技。
ずんこさんのエレナは、ゲネプロより舞台の方がパーマがきつくかかっている感じでした。

なんと言っても、
今さん、平澤さん、水谷さんという実力派揃いの方達が、
舞台を作り上げて下さったこと、
ディアナの舞台に欠かせないですし、厚みを増しています。

贅沢すぎる出演では?と、思っていましたが、
凄く重要な役どころで、プリンシパルな方々だからこその、芝居心と、
説得力のある歌声、ダンスが、ディアナの舞台をより生き生きと息づかせていました。

謝先生の、人選も、演出も、素晴らしい・・。

11年の時を経て 

yuminさま、ゼーモントさま、観劇報告掲示板に「DIANA」の感想をありがとうございます。

謎解きも大事な舞台ですから、ネタばれ出来ないから、感想を書くのも難しいですが・・・、
本当にいい舞台でしたよね。

今までの舞台を思い出させる場面もあり・・・。

ずんこさんの癒しの美声には、トートの反対ともいうか、天使の歌声を聞き、
わたるくんは、それこそ今までたどってきた舞台での役柄を沢山思い出し、
玄宗皇帝の嘆き、ラダメスの絶望、リチャード・テイラーの茫然自失さ、ドクタークロードの昇天の場面、
望郷の蔵人の哀しみ・・・・、
そしてフォーチュン・クッキーのモナちゃんの面影・・・、
色んなものを思い出させながら、
思い出だけにとどまらない、新しい、確実に女優として前に進んでいる姿。


11年前、偶然に出会った、宝塚の舞台。
普通にある、全国ツアーの一公演でした。

「エクスカリバー」「シトラスの風」(ずんこさんのお披露目公演の再演で、わたるくんは二番手格に)

ずんこさんとわたるくんの、この舞台での殺陣の素晴らしさ、
明日へのエナジーのエネルギーのほとばしり・・の凄さ、そういったものに惹かれて、
この11年、ずっと舞台を追いかけてきました。

ずんこさんの舞台も観たかったですが、地方住まいで、だんだんかなわなくなり、
わたるくんの舞台をずっと見つめて・・・。

そのお二人が、こうして、こんなに密度の濃い素晴らしい舞台で、ぶつかり合うなんて・・。
まさに夢がそのまま叶った形です。
しかも、「明日へのエナジー」の謝先生の作品で、
謝先生が二人のあて書きして下さった作品で・・。

この人を見つめていたら、凄い舞台に連れて行ってくれる・・・。
そう、初めての舞台で閃いた、一つのフレーズ。
そのまま・・・、
この舞台へと続いていました。

ありがとうございます。

出逢いに感謝します。

あの時、まだ、これからだったわたるくん。
11年の時を経て、トップになり、退団してからも舞台で研鑽を重ね、
ずんこさんの前で、まあ・・なんて大きくなれたんだろうと・・・、
そんな感動もありました。

舞台の感動、さまざまな感動・・・、
涙の止まらない舞台でした。

愛青 22日放送 

「愛と青春の宝塚」、NHK教育での10月22日(金)の放送、
NHKの番組表にも出ました。

オフィシャルで発表されているとはいえ、番組サイトでも紹介があると安心しますね。

録画とあるけれど、NHKオリジナルではなくて、DVDと同じ映像ですよね・・(たぶん・・・)
(オリジナル収録だったら、凄いわ・・)

愛青 浜松公演 

テレしずHPのイベント欄に、「愛と青春の宝塚」の浜松公演の詳細、出ました。

やはり、アクトシティですね。

「ディアナ」のような舞台も、「愛と青春の宝塚」のような舞台も、どちらも出来るから、
わたるくんが好きです。

ほんと、舞台サイズと役どころで、そこにわたるくん色を出しながらも、
様々に変われるんですよね。

ディアナ 月の記憶 

じーんと心に沁みるいい舞台でした。

ずんこさん、わたるくん、今さん、平澤さん、水谷さん、皆さん素晴らしい。
謝先生らしく、そして更に斬新になっている舞台演出に感服しました。

予想された切り口は、やはりというところと、
そうきたか!というところがあり、
2幕涙が止まりませんでした。

ずんこさんもわたるくんも、削ぎ落とした魅力でとても素敵。

白いトートのようなずんこさんの絶叫、
わたるくんは望郷は海を越えての、蔵人の苦悩や、王家のラダメスの地下牢の場面の表情を思い起こさせる、
深い苦悩と絶望の場面があり、
これまで積み重ねて来たものを更に深めていました。

女性として魅力的で、なおかつ子供みたいな無垢な表情、
わたるくんの魅力ですね。

生まれてこなければよかったと、叫んだところが男役っぽいと言われたとこかな。
一番男でした。
でも、そこだけで後は女性としての苦悩でした。

偶然お目にかかれて、嬉しかったです。
観劇報告掲示板の方、私は遅くなると思います。

ディアナ 

今日、ディアナを観に行きます。

一回だけなので、大事に観てきます。

太陽の人でありながら、月の輝きと影も魅力のわたるくん。
大地のようなおおらかさの、ずんこさんと奏でる物語。

きっと想像以上のものと、期待しています。

切なさ、苦悩、純粋な涙、
そういったわたるくんの表情にも惹かれているのでどきゅん!と来そう…。

祝★DIANA初日 

TSミュージカルファンデーション「Diana~月の女神」。

いよいよ初日です!おめでとうございます。
無事の初日を遠くから、願っています。

オリジナルミュージカルですから、どんな舞台になるのかドキドキですね。

ブログに載っている、客席のコンパクトなこと。
5人の息遣いまで感じられる緊迫と感動の舞台になるでしょうね。

音楽監督の林アキラさんのブログでも、
初日への緊張感が伝わってきますね。

林アキラさんというと、私はおかあさんといっしょの音楽のイメージが強いですが、
ミュージカルや歌唱指導など多彩な方なのですね。

林さん自らピアノ演奏(シンセサイザー)とのことで、それも贅沢で楽しみですね。

地球をかつぐ女 

愛と青春の宝塚のオフィシャルブログに、わたるくん、また登場ですね。

地球をかついでる(笑)

そして、男になるって・・・(笑)
謝先生には男役になってるって、言われたと言ってましたが、
赤くまちゃんは、ずばり!
「男」になってるですね。おほほほほ・・・

朝日コムの、スターファイルの中の方のわたるくんの写真も、美人だけれど男前だからなあ・・・。

愛と青春の宝塚 NHK教育で放送 

わたるくんのオフシャルモバイルによると、
10月22日、金、午後11時からのNHK教育、劇場への招待の枠で、
愛と青春の宝塚、雪バージョンが放送されるそう。

わたるくんのインタビューも、あるそうです。
地上波ですし、嬉しいですね!

今見たら、テレビ雑誌ではその日は未定になってました。

asahi com 

朝日コムに、ずんこさんとわたるくんのお写真と、ディアナインタビューが。
毎週掲載されるんですね。

ずんこさんもわたるくんも、綺麗ですね~。

コンテンポラリーダンス、楽しみですね。

色んなジャンルのダンス、わたるくん踊れるから・・・。

苦闘しながらも、舞台にはちゃんといつも色んなダンスを上げてくれるから。
日舞も、ストリートダンスもですものね。

愛と青春の宝塚 地方公演 

「愛と青春の宝塚」の地方公演のスケジュールが、公式サイトに発表されました。

おお~、浜松がある!

嬉しい!!

3月3日か~。

受験中の娘に一緒に行く?と、聞くと怒られそうだな・・・(笑)

ディアナ コメント 

DIANAの、謝先生、ずんこさん、わたるくんの動画コメント

スカステのOGナビと同じ時に、収録されていますね。

謝先生、なにげにふつうに、ネタばれしているような・・・(^^;)


水谷あつしさんのブログでも、生演奏の方が入って、お稽古場も元学校のところから移ったと。

もう、来週には初日ですね。

ドキドキ・・・・。

252 生存者あり 

今日、21時~日本テレビ系列で「252 生存者あり」がテレビ放送だ。

ほんと・・・タイミングが・・悪い(^^;)


先週まで二週連続で「海猿」が、テレビ放送になっていたので、伊藤さんのレスキューのイメージが強いのに、
伊藤さんが助けられる方(元レスキューだが)

自分で助かるよと、思ってしまうが、事実そんな感じだし・・・。
(ラスト、自分で生存者達をひきつれて地下から出てくる・・・そんなという展開。地盤も悪いのに)

色々あった後になってしまって、内野さんのイメージも色んな感じに観る人がいるだろう。

でも、真摯な男の誠ぶりは、本物だ。

ラブレターズ クリスマス公演 

ラブレターズ」の、クリスマスの公演に、
野村萬斎さんが若村麻由美さんとコンビで出演だ。

凄く素敵なコンビだろう。

饒舌で優しい萬斎さんに、繊細な若村さん。

この公演も、観られないけれど想像して・・・・。

わたるくんも、また出演してほしい。

高田さん お好み焼き粉CM 

最近、日清のお好み焼き粉の「うまいんだよね~」のCMで、高田聖子さんが出ている。

笑顔と声ですぐ、わかった。

高田さんが勧めてくれると、美味しい感じがして、温かくて、CMにはぴったりな人材だと思っていたので、
嬉しい。

隣の男性は、岡田さんに凄く似てるなあと思っていたが、別人のようで、
瀬川亮さん。

朝ドラ「ファイト」で、本仮屋ユイカさんに想いを寄せられる厩務員をされた方だ。

高田さんとも、とてもいい感じ。

小林聡美さんといい、この方が勧めてくれる商品はいい感じと思うのは・・・、
その人が魅力的で、こだわりのある人だから。