絵日記
FC2ブログ

SINSKEさん 

SINSKEさんのブログに、わたるくんからの差し入れのオリジナルシャンパンの写真があります。

アルトですね~、やる事が憎い(笑)名前入りだ。

公演を作り上げる様子がよくわかりますね。
舞台稽古の写真も一枚あって・・、舞台装置・・西島さんとわたるくんが手をとりあっているのがあります。
ここ・・・ほんと・・・かっこよかった・・。
あ!この長椅子!門!と興奮が蘇るようです。

わたるくんについて、シャンパンのところで、
「身のこなしが素顔は素敵な女性なのに、ステージに出ると男の百倍男らしく、
手先の隅々まで集中力があり、動く度にシュット言う効果音が出ているくらいです」という風に書いてくださっています。
ほんと・・・そうですね。百倍ですか・・嬉しい。うわ~、この表現的確、と思いました。効果音の出る男らしい動きだった。

男らしさを学んでいるという風にまで、書いてくださっていますが、
SINSKEさんの着こなしとカッコよさと、マリンバの素晴らしさにクラクラきっぱなしでした。
演奏姿が・・本当にカッコよくて男臭かった・・。あんなにダンディーで粋な演奏されて・・。

また、このメンバーで公演をと言う風にも書いて下さっていて、嬉しいですね。
舞台での凄い演技と共に・・ブログのお人柄にもすっかりファンになってしまいます。
あのマリンバの響き・・忘れられない・・。

3月7日にコンサートがあるそうで、ジルのためにつくった曲も演奏するかもだそうです。
聞きにいけたらなあ・・。静岡のグランシップでもコンサートがあるんですね。

「ジル」の舞台が非常に丁寧で贅沢な作り方、真摯な作り上げられ方をしたのがよくわかりました。
もの凄いそれぞれの分野のプロフェッショナル集団で。
わたるくんが参加できて本当に幸せな、公演でした。
再演は・・・難しいのかな。どうでしょう。ダンスギャラクシー2があるとしたら、また別の公演になるのかな。
退団後、再演して欲しい作品ばかりで嬉しい悲鳴ですね。

スポンサーサイト



ジゼルNYへ 

ちょっと前にも気になっていたんですが(笑)、
ディズニーの新作「魔法にかけられて」のヒロインってジゼルって名前なんですよね。

まあ、全然違うジゼルなんですが。
宝塚もびっくりのドレスです。
アメリカ的ですよね。ディズニーイメージに自分から挑戦して作ってるというか。

王子様が、少し大柴さんと似ている。

バレエダンサーさんって基本的に、王子なんですね。

 
少しだけ・・・ショットでもいいから・・・「ジル」の舞台映像が観られたらなあ・・。

ダンサーさん 

文章が素敵でその後も楽しませていただいていた、大柴拓磨さんのブログを拝見すると、
腰の調子がよくないようで・・静養して完治していただきたいですね。
1月も公演、すぐ2月のジルのお稽古舞台、ロレアルのショーとつづいていたけれど、
その前に骨折した足もあって腰に負担が来たと。

素晴らしい肉体表現をされるから、高度なテクニックだから・・・、
ダンサーはアスリートで身体になにかしら負担がかかりますね。
ほんと・・・ゆっくりされるのはお忙しそうですから無理かもしれないけれど・・よくなりますように。

ダンステクニックと、知性と気遣いと・・すべて兼ね備えた・・スーパーマンみたいな方ですね、
大柴さん。
あれだけの文章なかなか書けません。

大柴さん、移転前のブログで2月のはじめ頃、
ジルチーム参加した時、「個性的で優しい人ばかりで、とても居心地のいい稽古場」と書いていらして、
わたるくんもきっとそう感じられたでしょうね。
どの公演でも、公演自体もですがお稽古場の雰囲気にも恵まれているなあと思います。

続きを読む

内野さん 

今年から歌劇、宝塚グラフの年間購読には(まだ解約できなくて・・)、
TCA PRESSをつけて送ってくださるようになりました。
(スカイステージ加入者に送ってくれればいいのにねえ・・・。今は番組表もついているから。
メール便だったら60円くらい・・多数発送だったらもっと安くとかあるのかしら、
加入者サービスあってもいいのにと思います)

で、TCA PRESSというのは、TCAの商品、公演情報などの載っている劇場、キャトルレーブ(宝塚歌劇のショップ)などでもらえるフリーペーパーです。
今は大判になりました。

何気なく今月号も番組表をつかっていたんですが、
表紙の水さんの下に、「内野聖陽」という文字。!????と、見ると、
内野さんの2ページインタビューがあるじゃないですか。ラッキー!

高校野球児みたいな丸刈りに近い姿で、写っています。

『宝塚は究極のファンタジー 日常を超越して酔いしれる場です』と。

続きを読む

会いたかったあなた 

GILLEの最初のプロット
ぴあで今は見られませんが、大企業の御曹司で婚約者のいるアルトとあります。
ギャルソンのリオンというのも。
リオンの役どころ・・もしかしたら吉本さんのギャルソンだったのかなあ・・。
襲うって・・(嫉妬に狂う?男同士の何角か関係はかなり重いなあ・・)
ぴあの載っていたプロット、詳しく覚えている方、いらっしゃいます?

最初は、どんなストーリーが思い描かれていたんでしょうね。ジルの舞台のストーリー、私は好きでした。
リチャード・テイラーみたいなわたるくんにまた会えたらという願いは、叶いました。
あの偉そうで・・・不遜で・・・それでいてほっとけないような危なさもある色香のある男。

男としてのスタイルと型・・・とても綺麗で・・こんな綺麗で危ない男なわたるくんに今また、
出会えると思いませんでした。

「風と共に去りぬ」のレット・バトラーのわたるくんが見られなかった事が心残りでしたが、
アルトで見たかった男役究極形に綺麗なわたるくんが見られて念願かなった思いです。
アルトとレットは勿論違うんですが・・あのいやらしそうに笑うところとか・・、
だれもかもにモテルけれど・・ただ一人の人を求めている・・男の寂しさとか色香とか・・、
ちょっと通じるものがあって。
バトラー以上にアルトのわたるくんに出会えて良かったかな。

ダンスだけで表現するのって、お芝居の力もいりますが・・、本当に一瞬で言葉なしでストーリが動くので、
密度濃い表現が出来ますね。


かねてから・・・いろいろ見たくて叶わなかったわたるくんというのは・・贅沢者なのであるのですが、
ひとつ・・「チャイニーズ・ゴーストストーリー」のわたるくんというのがありました。
「花舞う長安」で、思いっきり叶ったと思っていました。
でも、「ジル」のラストで・・・ああ・・ここで叶ってると思いました。

続きを読む

お嫁さんと投げキス 

GILLEの余韻がまだまだ続いているところに、
Across(オフィシャルファンクラブ)の更新特典が届きました。

「ACHE」の発表もそうだけれど、なんちゅー(いい)タイミング。

妖しげでけだるそうな(笑)アルトの幻影に悩まされているというのに(笑)、
届いた写真はミス・サンドラの目線ばっちりの花嫁姿。
ああ・・・こんなに幅広くというか・・全然違う人を・・性別を・・と、今更ながら感心するやら絶句するやら。
だってこのお嫁さん、この間、夜の帝王(どんだけ男~)だったんですよ!(笑)

(お嫁さんサンドラの写真はどこにも残らなかったので嬉しいけれど、出来たら全身ショットにしてほしかったような・・美脚ミニスカ花嫁の。
全身スタイル美人さんなんだから・・眼力ある花嫁さんのアップはちょい・・迫力がありました、笑。
いえ、綺麗~~~なんですけどね。ほんと)
もう、一枚はダンシンクレージーの変わり燕尾での両手を上げているシーン。これもカッコよかった。

いつか・・アルトの危なくかっこいい姿の写真もどこかで見られるといいなあ・・。
ファンクラブ誌を待つか・・・DDDか・・ほんと・・どこかで。

で・・・、特典はまだあって、わたるくんご挨拶の一分前後のDVD。
更新ありがとうございます・・、駆け抜けてくださってありがとうございます、これからも応援してくださいねというような・・・、そんな(その通りじゃないです)、
優しく可愛らしいわたるちゃん(男前わたるモードじゃないです)

サービスがよすぎて・・ファンは困ってしまうというか・・ありがたすぎるというか・・申し訳ないというか。
本当にありがとうございます。ファン冥利につきます。
Acrossさんもありがとうございます。

女性での投げキスで・・手をバイバイ・・すると・・指先綺麗な女性で、
あのアピール合戦のアルトのラストの投げキスと・・全然違うんだけれどどちらも魅力的で、
惹かれる方です。

なんか・・・ほんと・・・最初の出会いから不思議なんですよね。
何でこんなに惹かれるのか・・私の好みをすべて結集している人なのか・・、
こんなに次も見たくなるの。

ちりとて続編も 

ちりとてちん」から次のヒロインに交代式があって、
「ちりとて」の続編の可能性もあるそうですね。
楽しみ~。

「私の青空」「ちゅらさん」と・・続編の出来た朝ドラはどれもも面白かったし、
「ちりとてちん」は、キャラが皆さん立っているから何でも出来そうですものね。

そうそう、次の朝ドラの「瞳」にジルに出ていた桜木涼介さん出演と、プログラムに書いてありましたね。
何の役でしょう?ジルメンバーがテレビで観られると嬉しいですね。
(カクテルジルを舞台が終わってから・・比較的ゆっくりとロビーでいただいていたら・・、
ジャージに足は雪駄のお兄さんが・・ロビー奥の楽屋口?みたいなところへと横切っていって・・どうみてもお客さんじゃなかったけれど・・桜木さんぽかったなあ・・)

続きを読む

小林綾子さん 

7月の「おしん青春編」の舞台で、小林綾子さん、佐々木麻緒ちゃんと共演なんですね。
子役さんはWキャストだそうですが、「マリと子犬の物語」の麻緒ちゃんには泣かされました(茶々もでしたが)
新旧、天才子役共演と。そうですね。

小林さん、二月いっぱい「エドの舞踏会」に出演で・・「カラミティ・ジェーン」のお稽古は3月に入ってからでしょうか。
カラミティジェーンの共演者の皆様も経験豊富な方ばかりで、ジルもそうでしたが、
わたるくん共演者さんに恵まれていますよね。
今井清隆さんの事務所のブログでも、もうすぐお稽古入りとなっていますね。

4月は「カラミティ・ジェーン」で、キップのいい元気な女性の役で・・、お芝居も観られるし、
ガンファイトもあるし、
ジルの妖しく深い世界からすると・・違う世界でちょうどいいです。
で・・また、「エイク」で幻想的で官能の世界へ~。
わたるくんについていくのは・・ほんと面白くてやめられませんね。

ティタイム 

20080228142331
ジルの世界に溺れるのと、携帯ショックで、
昨日の夕方久しぶりにオレンジ・シフォンケーキを焼きました。
ストレスたまると、膨らむお菓子を焼く癖があるんですが(笑)、ひさしぶり。
温かいうちに取り出したので少しへこみましたが(笑)

ジルの世界があまりに深くて、怖いのでちょっとティタイム。

続きを読む

祝♪GILLE無事終了 

オフィシャルのジルも無事、終了ですね。
素敵な公演でした。おめでとうございます♪

吉本さんお誕生日おめでとうございます。
シュークリームを手に可愛いです。

パンフレットを通販してくださるなんて、嬉しいですね。素敵で妖しい表紙、ご覧になってください。

またどこかで踊るジルチームに、会えますように。

カクテルジル 

20080227193629
携帯直らず、買い替えになってしまいました(>_<)ついてないです。
データはSDカードで残ったので、とりあえずカクテルジルが送れるかな。

ジルのプログラム 

ジルのプログラムに、西島さんが、
今回ダンスギャラクシーという新しいものを発表するにあたり、普通のダンス公演ではなく、
見た人がいろいろと想像できるものにしたい、
ダンス公演はセリフがない分イメージが膨らむもので、100人いたら100通りの感想でよいし、
踊る側も日々表現が違うと。

見た人がそれぞれに、いろいろと想像できる舞台・・、まさにそれは実現されていましたよね。
それぞれの胸の中にそれぞれにジルのお話が・・。

キャストの皆でいろいろとアイデアを出し合って、川崎さんが一人一人表現したいものを取り入れて組み立てた、
全員が主役の舞台だと。

言葉にされた事が、これだけ実現していると言うのは・・ダンサーとしての表現力もですが、
西島さんのクリエーターとしての力も凄いですよね。

 
湖月さんは不思議だけれど、初めて共演する気がしないと。
本来は女性とわかっていて、男同士の恋愛を表現するわけだけれど、作りこまないと(そう見えないかと)思っていたのに、
全然そんな必要は無くて等身大の自分でいれば、ジルとアルトのキャラクターが成立する・・と。
それは湖月さんのアルト役としての存在がナチュラルだからなのかな・・と思うと、
西島さん書いてくださっていますね。

不思議と・・・本当にしっくりと・・アルトとジルとして存在している二人でした。

続きを読む

お礼状 

西島さんのブログにGILLE「お礼状」が、出ていますね。
クリエーターとしての生み出す悩みとか・・感じられる文章ですが、
真摯で・・色々考えさせる素晴らしい舞台であった上に、素敵なお礼状まで。

宇宙的規模のジルの旅・・つづく・・というのは、クリエーターとしてのダンサーとしての西嶋さんの旅でもあり、
今この胸の中に起こっているうねりとか痛みも、そのジルの旅なのでしょうか。
ジルの世界に絡みとられて・・。

実は・・と考えなくても・・、一番罪なお方は・・一番幸せをくれた罪なお方は、
西島さんなのです。この舞台を企画された。
感謝いたします。

(個人プログは直リンしないポリシーですが、今回だけ・・)

当初・・・ 

ジゼルが男性で転生したので、男同士の話になったと言うか・・、
西島さんがジゼルの狂乱のシーンを・・というので、のコンセプトだった「ジル」ですが、
最初は、わたるくんが王子を演じますというのと、
男性版ジゼルというので、相手役ならアルブレヒトは女性になって、わたるくんは姫だろうとか、
色々話が飛び交いましたよね。


それで、最初に出ていたプロットだと、わたるくんの役は実は御曹司で婚約者もいる風でしたよね。
舞台を観ていて・・・、ハッピーエンドではあったけれど・・もし、アルトに恋人がいたら(なんか恋人じゃなくても婚約者じゃなくても、いっぱいいそうでしたが・・笑)、
どうなっただろうかなあ・・悲劇再びになったんだろうかと。

川崎悦子先生演出ですし、セリフなしでダンスだけで表現するし、
皆さんで話し合って総合的に作り上げたジルですから・・、
あの表現が好きでしたが、もしかしたらいく通りものストーリーが出来たのかなあと・・。

続きを読む

CLUB G 

オフィシャルブログのスタッフさんダイアリーのわたるくん、
白マフラーそのままに・・視線とか顎の角度とか・・、勿論衣装佇まいもですが、
どうしてあんなに綺麗なホストに見えるのでしょう・・。

危なげなのに・・安全な・・堅気じゃない風で誠実なのね・・。

在団中どれだけ夢見た事か・・、もう・・ファーディナンドかホストレイクくらいだった、あの雰囲気・・今頃来るとは。
しかも・・より男らしく綺麗になってるなんて(ばたっ・・)
凄い不思議な人だ。
だから嵌るの・・ね(笑)

楽屋がパブ化していた・・・その佇まいってどうだったのでしょうね、わたるくん。
(その実、凄腕ホストの実態はファンクラブ限定の赤いジャージ姿の兄貴わたるだったりして)

携帯が壊れちゃって代替さんが使いにくくてほんと、困るけれど、
とりあえず修理中もモバイルサイトが見られてよかったです(中毒ともいう、笑)

墓VSわたるくん 

素晴らしい舞台だった「GILLE」の事を忘れないために・・・、なんだかぼろぼろと書いてみましたが・・、最後じゃ辛いので(^^;)、続けてくださいね。

いつも色々な感想や報告を楽しみにさせていただいていますので、見られた時は出来るだけ・・と、思いますが、
色んな感想をお聞きしたいです。
こんなとらえ方や、こんなシーンがあったというのがわかるので。

言葉が残っていると、記憶が蘇りやすいですよね。


「GILLE」では、本当に目がいくつあっても足りないくらいで、セリフなしでダンスで表情で、
音楽で表現するので、オペラグラスを上げているうちに大事な表現を見落としそうで、
なかなかオペラを上げられませんでした(もの凄く男前でカッコいい、妖しいオーラのわたるくん、アップでみたいのに・・・)
それで・・ラストの怒涛のようなシーン、ほんとの後ろの方の席から観たので・・、
よく見えていないところもあって。

凄く集中力のいる舞台でしたよね。ダンスも凝縮されていて高度で、出演者さんも1時間15分以上は踊れないと思うほど・・密度濃くて。

続きを読む

大柴さんと東さん 

今日はロレアルのショーにバレエダンサーで、大柴さんと東さん、その他女性ダンサーさん、
で、登場なんですね。

大柴さんと東さん、お二人とは贅沢な感じですね。
それぞれ・・皆さんお忙しそう。

キミホ・ハルバートさんのブログに、千秋楽後の舞台袖での集合写真でしょうか、
GILLEチーム皆が写っている写真が。
いい笑顔ですね~。白い王子の西島さんの後ろに黒のわたるくん。
舞台では男にしか見えなかったのに、こういう時はわたるちゃんですね~。

土曜の昼のジゼルは怖い感じだったんですね。キミホさんが自分で感じるの。
毎回違うジゼルだったんだろうなあ・・・。ちょっと怖かったですが・・繊細で悲しくて・・凄くよかったです。
それにしても、ムチうちになったりかなり大変だったんですね、キミホさん。
精神的にもぎりぎりになりそうで、長期間踊るのは無理そうな感じがするジゼルでした。

違う分野の方とで刺激があるように書いてくださって、ダンスをあまり観た事の無い人も興味を持っていただけたらという風にもあって・・、
凄く興味が広がったので・・・出演者さんの考えと少し通じられたら・・嬉しいです。

中谷彰宏さん 

中谷彰宏さんのお花、銀河劇場にあって・・いつもわたるくんの舞台観てくださっているし、
嬉しい事でと思っていましたら、中谷レターに嬉しいお言葉も。
(昨日、何か書いてくださっているかなあと見た時はまだだったのですが・・・)

「染まるでもなく浮くでもなく、見事なハーモニー」と。
さすがの的確な表現ですね。

自分の持ち味を捨てるのではなく、その場の雰囲気を吸収する・・。
素直な透明な色を失わず・・・だからこそ自分の色もしっかりもつ。
いつもわたるくんは出来ている気がします。

次の舞台も本当に楽しみですね。

中谷さんは、’01、コーセーアンニュアージュトークでわたるくんと対談されて、
わたるくんをオスカルにしてアンドレを即興で演じるというアドリブまで飛び出した、
楽しい時をわたるくんともたれた方です。
その後、折に触れて舞台を観てくださって、中谷レターにも感想を書いてくださっています。

退団の時の、卒業があること・・終わりははじまりだという、展望のあるお言葉が嬉しくて、
今その時の希望が・・・こんなに見事に花開いているんですね。

カフェブレイク 

今日深夜、27日、午前二時~「カフェブレイク」真飛聖、叶千佳、
明日、28日、午前二時~、柚希礼音、陽月華、
29日、午前二時~二時三十分、立樹遥(敬称略で、ごめんなさい)、
「王家に捧ぐ歌」の東京公演の時のインタビューで、
わたるくんも結構映っています。

みんなのコメントも・・舞台も・・懐かしい感じです。
ラダメスは男気があったなあ・・。

ACHE 

梅田芸術劇場HPに「ACHEエイク~疼き」の詳細が、もう出ているんですね。

銀河劇場においてあったちらしも、この写真のわたるくんです。

沢田研二で、ボギ~ボギ~♪と歌いたくなるのは、私だけ?(笑)

続きを読む

祝★千秋楽 

「GILLE」の三日間だけの夢の公演、無事千秋楽を終えられましたようで、
おめでとうございます。

皆さん忙しいダンサーさん達ですから、奇跡のように集まったカンパニーですね。

大柴拓磨さんのブログに昨日の千秋楽後に、打ち上げがあったと書いてあります。
今日はもう大柴さんは、次の舞台のお稽古なんですね。
アルブテヒト役も素敵でしたね。気品とクラシカルさがあって。ギャルソンのところも好きでしたが。

打ち上げで、わたるくんの投げキス講座があったとか(笑)
得意技やね(笑)
男でも女でもどちらでも魅力的な投げキスする人だから。

今回の「ジル」の舞台は予想以上に、観たかった男像を改めて見せてくれたわたるくんでした。
色っぽくてアダっぽくて堅気じゃなくて・・・でも、憎めない。いとおしい・・。

この公演に出会えた事・・、アルト役をわたるくんが任された事・・感謝いたします。

続きを読む

春一番 

昨日の強い風、関東地方、春一番だったんですね。

東京千秋楽の突風は、「木枯らし一号」。

「GILLE」公演中に、「春一番」

凄い縁があると言うか・・・、「嵐を呼ぶ男」は・・いつまでもですね(笑)
今度の「カラミティ・ジェーン」では「嵐を呼ぶ女」についになっちゃうし。


でも、わたるくんの公演の時は、なぜか本当に嵐や雷、強風、台風が多くて、
冗談ぬきで・・皆様、どうか気をつけて安全に劇場に向かわれて、無事お帰りくださいね。

いかないで~携帯~ 

携帯、ショップでも直らなくて修理になってしまいました。うわ~ん、一大事。代替を出してもらいましたが使いにくい~。

カクテルアルトの写真が~。
悪くすると修理でデータ消えますって・・心の準備が・・。

圏内のアンテナが立っていることがこんなに心強い事だとはと、昨日の帰りに思いました。

(打つ文字もたどたどなので・・・PCから直しました)

ブログ 

風花舞さんのブログに、「GILLE」を観に行ったとあって、ジルのパンフレットを持ったゆうこちゃんが写っています。
西島さんのところしか見えないけれど・・、この西島さんを抱くわたるくんの表情が何とも言えず妖しいのです。

西島さんのブログに、わたるくん登場。ありがとうございます。
さすが宝塚トップスターの風格と言っていただいて、アルトははまり役とのお言葉もとても嬉しいです。
アルトは奇跡みたいにわたるくんにはまり役だと、思います(よくぞあててくれましたと)

わたるくん、やはり親指がよく反る~(笑)
毎日のバレエレッスンを欠かさず、ダンサーとの関わりも誠意を持って・・とか、いつも舞台もですが、
お稽古に真摯で、全力投球のわたるくんですね・・。
今回の公演で、プロフェッショナルの卓越したダンサーさん達の中でダンスで表現すると言うので、
大丈夫か・・と思いましたが、研鑽つまれたというか・・、
周りに刺激を受けて・・・ダンスがまた向上してますよね。あ・・・こんな振りも踊れるんだと・・。
刺激を受けて・・吸収して、表現できる地力と素直さがあるからだと思いますが・・、
凄い人達の中に入るほど・・わたるくんは前進しますね。
あんなにカッコよくて綺麗な型の男のダンスが今、観られるとは思いませんでした。

前世のジゼル役のキミホさんのブログに、公演を作り上げる様子が・・。
そして湖月さんは素晴らしい人で助けられている・・ような事を書いてくださっています。
あんな素晴らしいダンサーの方にそういっていただけるなんて・・。
「GILLE」でブログ検索すると、今結構上にあります。


昨日帰る時、かなり風が強くて・・京浜東北線が止まってしまっていました。
東北新幹線、上越新幹線に遅れが出ていたとか・・。
その方面から劇場に向かわれた皆様・・大丈夫でしたでしょうか。

続きを読む

ありがとうございます。 

ぽん太さま、コメントありがとうございます。
本当に楽しみですね。公民じゃなくて、倫理社会でしたね。社会好きだったのでワードとして覚えましたが、官能と幻想ということでプラトンの饗宴に出会うとは。

yumin様、早速のご報告ありがとうございます。エイクは、大野先生演出なんですね。睡れる月とかよく研究して掘り下げた表現、豊かな感情と余韻を表現できる先生で、これは楽しみですね。
ジルのご報告をお聞きして、より楽しみになります。ありがとうございます。
高速バスで交通費を節約するならと言う事で、何とか出かけられました。出かける前の前門の虎(旦那)は手強いです...((((((^_^;)

ジルの男前アルトのわたるくん、楽しみに行って来ます(^-^)
今日は暖かそう。久しぶりの東名バスも懐かしくて楽しいです。かすみ空だけど富士山見えるかな?

続きを読む

20th 記念公演 

オフィシャルに詳細が発表になりましたね。

湖月わたる20TH記念公演「ACHE エイク ~疼き~」
 (なんちゅー題や、わたるくん・・・^^;)

出演者 湖月わたる 星奈優里  戸井勝海  附田政信 坂本まさる
     彩輝なお(友情出演)

東京公演 7月6日~13日 ル・テアトル銀座
大阪公演 7月18日~20日 ドラマシティー

・・男性なのか女性なのか・・・プラトンの饗宴をもとに、時空を超え、性を超え・・・、
半身を求めて彷徨う魂の物語・・。
官能と幻想のライブステージ・・。

だそうです。
いいんでしょうか・・・。これ・・。う~ん、こんなに希望が叶って夢のままでいいのかな。

さえちゃんと再び共演できるなんて。「夜明けの天使たち」再びですね。
男と女と性を交差するステージに、さえちゃんはきっととても合う相手役さんですね。

ああ・・・いいんだろうか・・・ありがとう。

続きを読む

猫の日 2 

20080222133236
去年の六月に同じく拾われて実家の子になった子。
今はもう少し太いですが、元気にしています。

猫の日 

20080222132653
今日、2月22日は猫の日ですね。
最近、結膜炎と猫ウィルス性気管支炎で病院通いですが、何とか元気に暮らしてるにゃんこです。

祝★GILLE初日 

今日はいよいよ、GILLEの幕が開きますね。
3日間だけの短い夢の公演ですが、オフィシャルサイトのアルトのわたるくん、
ホント、妖艶で凛々しいですね。

ギャルソンエプロンの白と黒の姿かと思えば・・、ホントに妖しいお店の方みたいで(笑)
「Cafe G」のオリジナルカクテルもあるなんて、さすが洒落てますね。

本当の男性の中で男性として踊るわたるくんの姿は、夢でした。
こんなに卓越したダンサーの方の中で、その夢が叶うなんて・・。なんて恵まれたファンなんだろうと、また思います。

素晴らしい舞台・・・観られますように!(出かけられるかどうか、いつもぎりぎりな人なので、^^;)

ジルの月 

20080221181923
今日の月、あがりはなが赤くて大きくて、妖しいです。
今度のジルのわたるくんは、この月みたい。
太陽の人と言うより、月の妖しさの魅力のわたるくんですね。
ジルの西島さんを受ける月のわたるくん。

月と陽とどちらもだから、好きです。