絵日記
FC2ブログ

ブレイブストーリー 

5月5日(土)、21時~フジテレビ系列で映画「ブレイブストーリー」(宮部みゆきさん原作)が放送されますね。
主人公がワタルなんで(声は松たかこさん)、凄く見たかったんで・・、映画は見られなかったけれどレンタルで借りて観ました。

「ワタル~」「ワタル~」言うので、結構嬉しいです(笑)
ゲームをしない者には少し入り込みにくいかなあというところもありますが、面白いです。


今週のアンコールアワーで、わたるくんのお披露目トークライブが再放送されてますね(後は2日の18時~の放送)
楽しくて観た時はドキドキわくわくしましたよね。トップさんになったんだなあ・・と。
わたるくんの話術は面白いし(ワニのベッドに、「ラダメスとの子供を・・!?」と言っちゃう着眼点も面白いし、笑)
お花のアレンジとか、わたるくんと檀ちゃんの感じ、結婚披露宴の二次会みたいですよね(笑)

30日にはWOWOWで宝塚スターの小部屋の再放送が始まるし、
13時~タカラヅカスカイステージで、「リクエスト名場面 湖月わたる」の放送が。
Switchの映像も少し出たと思いますし、「ダンシングスピリット」の大階段の怪しいピンクのフリルの男とか、「カステル・ミラージュ」のレオナードの幻想のダンスとか、
TCAビデオとはアングルが違って、こちらの方がより迫力がある感じなんで、かなり見逃せません。
この番組の思い出・・書いてるときりがないので・・。

「コリオレイナス」、BS2で5月に入ってすぐに放送があるようですね。これもまた楽しみです。

スポンサーサイト

TOP STAGE 

今日、27日発売の「Top Stage」(東京ニュース通信社)
に2ページわたるくんのインタビューが載っています。

出演メンバーとの対談形式かなあと思っていたんですが、わたるくん単独インタビューで、カラー写真です。
トークライブの時、メリディアンホテルで取材を受けたみたい(トークライブの前にでしょうか)
お台場らしい海と、トークライブの時にしていたでっかい!ベルトのバックルで思うんですが(○&○のブランド物らしいけれど、子供のメタルチョコの大きいのか仮面ライダー変身ベルトにしか見えない私って・・^^;)

普通に大人の女性という感じの(さっぱり&カッコいい、ハンサムウーマン)わたるくんです。

スイカを使うのが楽しいそうです(笑)普通の生活満喫してますね。
退団発表してからは特にがむしゃらに過ごしてきて(凄いハードスケジュールでしたものね)、
その中で得たものは沢山あって、その時の温もりがあるからこれから何があっても絶えていけるかなと思う。
まっさらな気持ちで、自分を見つめなおして新たな自分を発見してるところだと。

男役で来たので、女優として自分がどこまでやれるかと色々考えていた時、ダムヤンキースのお話をいただいて、
「やりたいならやろう!」と後ろから肩を叩かれた気持ちになったと。
ありがとう~~(T_T)ロ~~ラ~!!
あなたのおかげです。わたるくんが舞台に立つ気持ちにしてくれて。
本当に素敵な魔法を使ってくれた魔女さんです。ありがとう。

そして、わたるくん自身に「新たな“湖月マジック”のスタート」と書いてくださっています。
湖月マジックかあ・・・いい言葉。魔法みたいに違う人で魅せてくれますもの。

素直な感じで、これまでのインタビューをまとめた感じの事を言われています。

ダムヤンキースのちらし 

20070427160320
賢也さんのお母さんが、地元で喫茶店をしていて家から比較的近いのでたまに前を通るのですが、
とうとうダムヤンのちらしが貼られてました~。

賢也さんはOGさんとの共演も多いので、タータンさんやりかさんも出ている(タイタニックとか)ポスターがよく貼ってあって、
わたるくんも出ているのもそのうち貼られるのかな?と楽しみにしてました。

四枚くらい続けて貼ってあって、おお~っと感動したんですが、
わたるくんの脚が通る人にさらされるのは、ちょい恥ずかしい変なファン心です(かっこいいから見てねというのと、見ないで~という気持ち、^^;)
でも、自分がちらしをまじまじと見られて嬉しいです。裏面もちゃんと貼ってくれてましたし。(賢也さんのお母様、ありがとうございます。きっと賢也さんも大好きなダンスシーンで凄く活躍されますね)

四枚撮ると何がなんだかわからないので、二枚だけ(でも、ぼけてます)

演劇の小径 Damn Yankees 

大体ですが書いてみますね。
わたるくんはお稽古の時はTシャツにパンツスタイルですが、話す時はジャージの上着を着てます(男役の時もよく着ていた感じの襟が高いタイプの)
振り付けのローリー・ワイナーさんは若くて綺麗な女性ですね。

ゆっくりと一つ一つよく考えて話す柔らかい感じのわたるくんで、いつも役作りに真剣で、的確な方だと思います。

★作品について
わたるくん
「この作品自体は古き良きミュージカルで、また最近になくダンスシーン満載のミュージカルでもありますし、
野球・・が題材ではあるんですけれども、それだけではない、
人としての愛であるとか思いやりであるとか、そういう人としての根本をテーマにした、
見終わった後、とって切なくて温かくなる、そんな素敵なミュージカルだと思います。」

★役について
「私の役は魔女ローラなのですけれども、魔女と言っても限りなく人間に近い形で存在しておりますし、
実際ローラ自体も元々人間出身で、魔女になる前はロードアイランド一醜い女の子だったというセリフもあるんですけれど、
そんなところから、悪魔に魂を売って、醜かった頃のいじめられたり男の人に裏切られたりというところから、復讐にむかって魔女になって(笑)、
そんな中で男を魅了するエキスパートとして(おお、凄い発言、笑)、魔女として百うん年過ごすんですけれどそんな中でジョー・ボイドという人物に出会って、
初めて人としての何かを芽生えさせてもらって、そんな中から人間としての良心であるとか、人を想う気持ちであるとか・・、
戸惑いながらも人間の心を取り戻していくと言う・・、なんかそんな、
自信満々なローラと、そこから切なく人間の心を取り戻していくローラとその二面性をね、出せていけたらいいなと思うんですけどね、は~い(いつも、最後には~いって自分で言うところが可愛いです。いつも舞台では感情で動く感じですけれど、組み立てる段階では理知的で冷静ですよね・・わたるくん)

杜さん
★作品については、
私達が生まれる前から上演されている作品なのでオーソドックスな昔の作品だけれども、
リバイバルの時に凄く当たったというのと、どの時代でもスポーツが絡んだり、今はメジャーが凄く人気だし、
そういう意味ではタイムリーな作品じゃないかと思うと。

ダンスシーンもとても多くて、もちろん歌、お芝居、すべてが入っていて、
小さいお子様から、熟年のご夫婦まで皆様に楽しんでいただけるパーフェクトな作品じゃないかなと。

★役について
宝塚を卒業して15年目で普通の主婦を演じられるようになったなと、感慨深いと。

作品の中では楽しい中に、ちょっとメランコリーな部分とか考えさせられる部分とか人間として振り返る部分とか、少ししっとりした部分を担当させていただきながら(メグ役が)明るく楽しく演じる感じで・・と、仰っていました。


続きを読む

演劇の小径 ダムヤンキース 

お稽古の様子と、わたるくんとかりんちょさん(杜けあきさん)の公演についてのコメントが放送されていました。
とても充実して幸せそうなわたるくんで、キラキラした笑顔でした。目も本当に綺麗・・。

わたるくん、ぴたっとしたTシャツで、ラフな感じのパンツスタイルのお稽古着でした(動くとお腹がちらっと見える、^^;)
無駄な肉がない理想的なスレンダーなスタイルですね~。男役の時は男の人みたいな小さいお尻なのに、女性らしいヒップになってるから不思議だ・・(笑)

男の方皆にえいっ!と上げられてるリフトみたいなのがあって、凄い高さですね。わたるくんの、お!というお顔が可愛い(笑)

振り付けシーンは、プロローグなのかな?マンボなのかな?
手の動きが、「ダルレークの恋」のフィナーレのダンスみたいで、ちょっと念願かなった思いです(あのダンス、わたるくんで見たかったから)
男のアンサンブルの方を引き連れても、かっこいいわたるくんですね~!

細かい話は、今日は時間がないので明日、書けたら書きますね。

感想と放送内容でもいいので、掲示板でもここのコメントにでも、どんどん書いていってくださいね。

男おばさん放送予定 

賢也さんのブログに「男おばさん」の放送予定が出ていました。
(情報源にして、ごめんなさい)

5月1日(火)フジテレビ 26:33~26:48

5月2日(水)CSフジ739 14:40~15:00
(リピート放送多数ありだそうです。まだ、5月のリピート放送予定は出ていません)

白いブラウスの下はスカートかな。わたるくんは案外、上がフェミニンでもパンツスタイルだったりして。

万里沙ひとみさんの復帰 

今日、テレビ東京の夕方のニュース、「特ホゥ」(16:54~17:20)で万里沙ひとみさんの舞台復帰の様子が放送されるみたいですね。
「二年が経ち元宝塚女優が事故を乗り越え舞台に」と出ています。

うちの方はテレビ愛知の受信になるなので内容が違うなあと思っていたら、
BSデジタルのBSジャパンだとこちらの放送で観られるようです。
(全国ですね)

あ・・・、でも、演劇の小径の放送と少しかぶっちゃうかなあ・・。
最初の五分くらいは違う放送だといいんですが(きっと、五時台の放送ですよね)

福知山線の脱線事故から二年になりますね。
お亡くなりになった方、遺族の方、怪我をされた方、心理的ショックを抱えている方にとって短くない二年だったと思います。
そんななか、事故後の脚の様子、リハビリの様子など痛々しい感じだった万里沙さん(みんつちゃん)が、大変なことは抱えていると思いますが、舞台へ復帰される事は心に明るく力強いものを灯してくれますよね・・。

わたるくんの同期のみんつちゃんへの寄せる言葉、「ソウルオブシバ」のプログラムに書かれていましたが(ワイドショーで映っていました)
温かかったですよね。
「元気になって。愛してるよ」だったかなあ・・・。

TVnavi 

TVnavi(サンケイ新聞社発行、扶桑社発売)、買ってきました。

↑TVnaviの文字から、わたるくんの写真に飛びます(やっと文字にリンクさせる事を覚えた・・^^;)
紙上に掲載されたのとは、ちょっと違う写真です。

わたるくん、可愛いですね~。綺麗なお姉さん風だ。
男役の時もよく着ていたような青いストライプのシャツだけど、青いフリルも入ってる。
左下の真剣に話してる風の斜めの顔が、綺麗な目で好きだなあ・・。
ダムヤンキースの紹介の小さい記事かと思えば、ちゃんとした写真入の二ページインタビューなんですね。

宝塚の男役の頃の事を言ってくれているところが、さすがにサンケイさんで的確で。
「男よりも男前!」(うんうん、そうそう!)
「役の人間性あふれる小細工なしの歌、ハートフルな芝居」(他にも色々と書いてくださっています)

お稽古場で、自分のことを「あたし」というのに、あたし?おお!?というのが、男前でわたるくんらしいなあと(笑)
魔女ローラの説明がかなりちゃんとされています。役どころがしっかりわかっての役作りは、わたるくんらしいなと。

“男らしい”湖月の舞台を見慣れているファンの間では、ローラの姿にかなりの衝撃が走ったらしいと(笑)まあ、そうですよね~(笑)
「これまで応援してくださったファンの方にはどう見えているのかとなともちょっと不安になったりもしますが(笑)、
新しい出発なので前向きに見守っていただけたら・・」と、わたるくん。

オフのわたるくんは、「常識的で明るくて、本当に素直でいい子!」と誰もが口をそろえて言う方だそうで、
そうですよね、いつも常識をよく踏まえているし、明るくて、素直でいいお嬢さんで・・。
若竹がすくすくまっすぐ気持ちよく成長し・・というのが、わたるくんらしい表現で。

昔、「フォーチュンクッキー」を前にした演劇ぶっくのわたるくんのインタビューがかなり的確で忘れられないのですが、
「柔軟で強い人」と・・。それとニュアンスが同じような事が最後に書いてあって嬉しかったですね。

今月のテレビ番組表もあるし、インタビュー内容もいいし、書店、コンビにで是非お買い求めいただきたいです。

こだわりアラカルト花 

今日発売の「TVNavi」にわたるくんが載るそうですけど(オフィシャルサイト発表)、どんな内容でしょうね~。

CSタカラヅカスカイステージの「こだわりアラカルト花」で、韓国公演の黒燕尾での群舞、すみれボレロとマンナムミックスバージョンが全部流れてますね。
わたるくんの黒燕尾姿は凛と真ん中で映えて、男役さん達を大階段で引き連れて踊るのがとても似合って、この姿はずっと夢でしたので、
念願かなった姿でした。
「国境のない地図」の黒燕尾群舞のような群舞をわたるくんが率いるのが夢だったので、よく似ていて・・。

お披露目全ツで少し黒燕尾で率いるところはありましたが、
「王家に捧ぐ歌」の大劇場お披露目から、通常の黒燕尾群舞はずっと無くて変り燕尾だったり、「陽はまた昇る」のような変わったバージョンだったんで(これもとても好きでしたが)

時々自信たっぷりのいけない男風に、ふっと笑うところがまた色っぽいですし、率いる気迫と、男役の型のダイナミックさ、繊細さが男役の申し子というか、大階段、黒燕尾が本当に似合う人で。
宝塚ならではの華、黒燕尾群舞を率いるのが見事な人でした。男っぽくあだっぽく、つややかに華やかに、ダイナミックに・・。


明日、「演劇の小径」で「ダムヤンキース」の放送ですね。
わたるくんのコメントとお稽古の様子が楽しみです。出演者の皆のコメントも入るかなあ。16:45~だったと思います。

生活ほっとモーニング 

みつやんの貫地谷しほりさんの「スタジオーパーク」が、国会中継でふっとんでしまったのと同じく・・・、また・・・(泣)

生活ほっとモーニングで、今日内野さんの「この人にときめき」だったのですね・・・。
金曜日の放送だったら、この放送は毎週面白いから録画予約が入れてあるのに・・がっくし・・見逃してしまった・・・。
まあ、オフィシャルサイトを見たり情報を入れたりちゃんとしてないと見逃すということですね。

中谷さんのコメントもあったようなので、「あかね空」を見たばかりなので見逃してとても残念です。
再放送希望出します(><)
でも、この時間枠って再放送してくれたっけ・・。一昨年の10月にわたるくんととなみちゃんがこの枠で出てましたよね。ベルばら全ツの事で。

テンプレートを変えました 

夏を前に(って、気が早いですが)、テンプレートを変えてみました。
わたるくんの宝塚の時のグッズのハワイアンな感じに、ちなみまして・・。

碧空、Aquaのイメージで。
Aquqに出会う時人は素直になる♪ Aquaは、わたるくんそのもので・・わたるくんに逢う時感じる想いが「Aqua」の歌詞そのものでした。

月のデザインにも愛着があるので、夏過ぎにはまた戻すつもりです。

見難い点もあるかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

Across 

去年の今くらい、ちょうどドラマシティーで「Across」の公演があった頃ですね。
私が観たのは28日くらいだったか・・サンシャイン劇場ででした。

あの頃は今のようにわたるくんの舞台が退団後も観られるなんて予想してなかったですし、
もうこうして何回舞台にいるわたるくんが観られるのかなあと、切なく思いながらも、
退団前にこんなに湖月わたるの魅力満載の舞台をプレゼントしてくれるなんて、なんて幸せな事なんだろうというくらい純度の高い湖月わたるの魅力を見せてくれた舞台でした。

キャリアがあっても、そのまま少年みたいで・・実に楽しそうに踊る姿・・、苦悩する青年の姿のリアルさ・・。
二部の宝塚のわたるくんの舞台は、観られなかった観たかった姿や、
リフト達者なところ、皆で盛り上がるところ、それぞれの出演者に見せ場のあるところ・・、
紫のスーツでの男役冥利のアダルトな姿とか・・、「Story」とか「アニバーサリー」とか・・・忘れられない歌声・・。

本当に心に残る舞台でした。DVDで振り返りたいなあと思いつつ、実際に見た記憶をなぞる・・その記憶も幸せに思い出します。

思い出のAcrossハンカチ、久しぶりに出してみようかな・・。

Acrossの思い出、皆様、どんなですか?

行列の出来る法律相談所 

昨日の放送に、川崎麻世さんと大澄賢也さんが出ていました。
途中から観たので、ダムヤンキースの舞台で共演する事を言われていたかどうかわかりませんが・・。

麻世さんと賢也さんに伸助さんが、この二人がスナック(喫茶店か?)の隅で話してたら怪しい~でっせと言っていたのに、二人のテンションを見るうちに、「引く」でだか「おもろい」だかに言う事が変わっていて(笑)
(ちょっとよく覚えていないのですが・・妙な面白いテンションだという感じの事を)

一発芸みたいなのが出来るかという話で、
麻世さんがなぜか尺八のまねを(尺八を吹くまねを実演)、それに賢也さんが、「はい!僕もものまね行きます!」と、
吉川晃次のまねを(振りつき・・さすがに腰も吉川さん風に動く・・笑)
その後も、麻世さんが矢沢永吉の真似をしたり、野口五郎のまねをしたり、賢也さんが五木ひろしのまねをしたりで物まね合戦(笑)
麻世さんが「ひざがコースター~」とか、おやじギャグを連発したりで、隣の菅井きんさんが「どこがおもしろいの」とぼそっときっぱり言うまで走り続けた二人でした(笑)

この二人の出る舞台って、凄いテンションになりそう(笑)
舞台もですが、ダムヤンキースチームの宴会って凄いテンションになりそうですね~。
アンサンブルの皆さんも、ノリが良さそうだし。
わたるくんもエマ・エージェンシー仕込みで、宴会芸はまかせとけですし。
(エマ・エージェンシーは星組の英真なおきさんが主催していた宴会集団で、会社組織を名乗ってました。わたるくんは社長さん就任くらいに宙に組替えになったのかな。かなり有望視されていた宴会芸も頑張っていた星っ子だったようで)


「男おばさん」のわたるくん出演回っていつ頃なのでしょうね。
オフィシャルサイトに早く発表されるといいんですが。
CSでも放送があるようですが、一ヶ月1000円くらい、二局契約でかかるみたいなんで、いつ放送があるのか早く知りたいです。

「コリオレイナス」を無事録画できたのですが、土日は学校の行事とかあってなかなか観られなくて、これから時間が出来たらゆっくり観たいです。

男前… 

20070421213510
買い物に行くと気になる、男前豆腐(笑)
顔付きのがあったので、ふらふらと初めて買ってしまいました。
なんとなく、男役のわたるくんに似ているような(笑)
流し目というか、三白眼気味というか…。

男前豆腐、濃厚で美味しかったです。

賢也さんのブログ 

賢也さんのブログ更新されて、わたるくんとのツーショット写真が出てますね。
肩が細くて(胸があるのにはもう驚かないようにしないとね、^^;)、白いシャツで華奢な感じのわたるくんで。
いつの「男おばさん」(フジテレビ)の出演なんでしょうね。

馴染みもありつつの素敵な出演者の皆さんに囲まれて、わたるくん充実してるんだろうなあ。
来週は、ダムヤンキースの「演劇の小径」の放送もあるし、お稽古場の様子が漏れ聞けるのを楽しみにしています。

あかね空 

豊橋での上映が来週27日までという事と、明日から上映時間が遅くなるという事で今日が最後のチャンスだったので、「あかね空」を観に行ってきました(片道一時間車で行くというのは、なかなかキツイですが)

観に行ってきて良かった!という映画でした。
内野さんの演技も素晴らしかったけれど、中谷美紀さんの娘時代の演技が娘役さんみたいに可愛くて(中谷さん、そういえば「愛と青春の宝塚」でトップ娘役役をしてましたね)奥さんになってからは、この怒り方とか子供のかばい方はあるあると・・・演技達者ばかりで見ごたえがありました。

あまりよく下調べをしていかなかったので、石橋蓮司さんと岩下志麻さんがご夫婦役で出ていると知らなくて、岩下さんの演技と抑えつつあふれるような母性愛に、久々に岩下さんの演技を見たので嬉しかったですね(監督の浜本さんは篠田正浩監督の助監督を務めた方だそうで、脚本も諸々篠田監督の協力もあって、それで奥様の岩下さんもなのでしょうね。)

何でも作ってみたくなるタイプなんで、一時豆腐づくりに凝った事があるんですが(笑)、ミキサーを使って簡単に作っていても豆腐って難しくて・・。でも、出来立ての豆乳の心が温かくなるようなにおいは忘れられないし、映画を見ながらそのにおいがしてくるようでした。
京都からお豆腐屋さんを江戸に開きに来た職人さんの、家族愛のお話で。

冒頭永代橋の雑踏の中で江戸のお豆腐屋さん夫婦が小さな男の子を、見失ってしまって迷子になってしまって・・。
こういうのって、凄く弱くてそれだけで泣けてきちゃって。
その子が京都に流れていって、知らないうちに岩下さんのお母さんの前にお豆腐屋さんになって現れてるのかなと思ったら、違って。
内野さんがもう一人演じている傳蔵が、そのはぐれた子らしいのですが・・(ネタばれになるのかな・・ごめんなさい)
はっきりと語られないけれど、自分自身もわかっているのかわからないけれど、瞬間瞬間、ああ・・ここでわかっているのだなあというところがあって・・・。
元の自分の家のお皿でとか、お茶の水の記憶とかも表現されたいたような。

お豆腐屋さんと、賭場の親分の傳蔵とは、二人・・まったく違うけれど同じ構造を持つ人で、はぐれなければ、そのお豆腐屋さんで(お豆腐屋さんご夫婦の旦那さんが亡くなって店を閉めた後、
永吉夫婦が入ってるので)傳蔵がお豆腐を作っていたわけで・・、傳蔵は、そうあったはずの自分を見たわけで・・。
(直接二人は会っていないし、店の中までは見てないですけど)

最初のお豆腐屋さんの永吉を観た時、ああ・・また、まったく別人さんだと思いましたが(勘助とも、宗方コーチとも、トートとも、マスフィークとも)、こんなに人の良さそうな可愛い感じの笑顔もある人なんだなあと・・。
そして永吉と真逆の博徒の親分の傳蔵、もう、まったく逆の人なんで、ほくろの位置とかで同一人物ってまるわかりと思うのに、全然違う存在感なんで。

内野さんの立ち姿がいいと監督さんが言ってくださっているようですが、圧倒的な悪のダークな立ち姿で・・・。
こういう内野さん、観てみたかったんですよね~。インテリやくざとか、その筋の人って凄い存在感で似合うだろうと思ってたけれど・・。
眉毛をそり落としてスキンヘッドの内野さんは想像以上に壮絶に怖い・・(怖くて素敵・・・)
もちろん本物のその筋の方というのは、苦手というか受け入れられませんが、こういうフィクションでのリアルさを見事に出せる方って凄いなあと思うんで。
着物も黒の厚みのあるもので、裏地がさらっと凄みのある紫で・・、翻す姿と、後ろ姿の肩の位置の作り方が絶品に凄みがあって、立ち姿というのを研究してる方だなあ・・と。

私は内野さんの姿にわたるくんの男役姿を重ねてみてしまうというか、二人の演技は結構似てるんですよね・・(個人的にそう感じるんで)
わたるくんは素直なお嬢さんなのに、凄みのある男を演じると絶品なところとか(どうしてあんなに、ド紫とかヤン○ー風が似合うのかとか)
「Switch」でウォルターとナルディー二役演じた時感じた感じと、よく似た印象もありました。
わたるくんの男役が見られなくなって・・今、大河で毎週内野さんの演技が見られたり、こうして凄く好みの二人の男を演じている姿が見られるのって・・、私にとっては、凄く助けられてる感じです。

ラストも心にかなうものだったし・・・、凄みのある内野さんと朴訥で真摯な内野さんと両方観られて、凄く満足感のある映画でした。
中谷さんの演技もさすがに上手くて。

それにしても、親分の傳蔵の殺気は凄かったなあ・・・。
(子供が見たら、怖くて全員泣く・・)
後姿でさっと片手を上げるだけで語るところの多い演技とか・・いいもの見ました。

役どころと役者がぴたっと嵌ると、映像が生き生きと煌くんですよね。
親子の葛藤とか、迷子とか・・・色々泣かされるところが多かったです。

続きを読む

宝塚プレシャス 

宝塚プレシャスの「モダンミリー」初日の様子、華やかですね~。
りかさんはかっこよくキュートな感じだし、樹里ちゃんが可愛い~(キャリエールとかリチャード・テイラーやった人には思えない・・)
川崎さんもこちらはキリッと紳士ですね(ダムヤンキースのアップルゲートは曲者風ですが)

最後に、わたるくんとかしちゃんの事も書いてあって、懐かしく和気藹々の様子・・嬉しいですね。

http://bbkids.cocolog-nifty.com/takarazuka/2007/04/post_76f1.html#more

諏訪攻め 

大河ドラマは毎週充実した内容で、堪能しています。
今週は、勘助が武田家の中で影の部分を背負いながら、武田を支えていくというもので・・。

諏訪攻めの異議を自分に対する非難に置き換えて、お館さまはそう考えていても光の裁断をして闇の部分を勘助に任せるというもので。

間者に入って捕まった高橋さん(きょうらいしさん、字が今ぱっとでないですが)を切り捨てようとする時の鬼気迫った顔は、ちょっとなかなかお目にかかれない凄みのあるお顔で(トート入ってましたか)

「このものの謀略じゃ!(セリフは正確じゃないですが)」と叫ぶ、由布姫ににやりと笑う時の顔がまた・・・好みで(笑)
ここで、笑うか・・というので、結構やられます(笑)

史実では禰々は13歳で嫁いで、16歳くらいで寅王を産んで諏訪家が攻められた後、病没するとか・・・。桜井さんはもっと大人にみえますし、そんなに小さい子というのは痛々しいですが・・。
由布姫の父君の諏訪頼重は、禰々が嫁いだ当時は26歳くらいだそうで、そうすると由布姫は16歳くらいの時の(側室のコ)ということになりますが・・(なんだか計算が合わないような~と不思議な、禰々と由布姫の義理の親子関係です)

由布姫の柴本さんは、目がとてもお母様の真野響子さんに似てるなあと・・。
由布姫というと、「望郷は海を越えて」の由布姫と、西表島の水牛の車で行く由布島を思い出します。

Damn Yankees公式サイトオープン 

Damn Yankeesの公式サイトがオープンしましたね。
後一ヶ月あまり・・・・。始まりますね(^^)

http://www.d-yankees.jp/

週刊朝日 

公式サイトに、4月20日発売と発表になっていた、
「週刊朝日」4月27日号って、もう発売になっているんですね。
私のところでは今日書店で、「本日発売」になってました。

雑誌の真ん中くらいに、見開きカラー4ページで、日本歯科医師会会長の大久保満男氏とわたるくんの対談ということで、
「国民の歯科医療の前進に向けて」という内容でした。
口の中の機能を守る重要性と、歯の健康が全身の健康に影響しているというような、わかりやすい対談内容でした。

わたるくんは白いシャツにインナー黒で、真剣な表情でお話を聞いている写真と笑顔の写真二点が載っています(カラー)
わたるくん、お話をいつも真剣に聞きますし、その場その場に合わせた会話が出来るからこういう場には適役ですね。
(真剣なお顔は好きな顔だ・・・)

「宝塚歌劇団退団後も舞台で活躍する女優の湖月わたるさんが・・」と、出ていて、おお~「女優」って書いてあるっと、妙に反応してしまいました(そうなんですけどね、^^;)

「王家に捧ぐ歌」の東京公演を幸運にも一列で観られたのですが(地元の阪急交通社に申し込んだのが幸運にも)、
銀橋に出てきたラダメスを見上げると歯が真っ白で歯並び良くて綺麗だなあ・・・と、そんなところに感心してました。
(近すぎると変なところに目が行って、舞台が一瞬どこかにいくんですよね、笑)

髪型は普通でした(男役の頃とそんなに変わらない・・)
トークライブの時はとてもさらさらヘアーに見えたなあ・・。

プレミアの巣窟 

今日、火曜日深夜、2:18~2:43のフジテレビ「プレミアの巣窟」で、モダンミリーの事をとりあげるそうなので、
初日情報とか入るかも。
「タイタニック」の時も初日に観に来たわたるくんが映ったし、今度もそういうことないかなあ・・と思ってしまいます。
関東地方の皆様、「モダンミリー」の舞台のことももちろん、わたるくんも少し映ったかどうか教えてくださいね。

http://blog.fujitv.co.jp/events/


それと、NHKハイビジョンで、21日(土)午前9時~午後12:19に「コリオレイナス」(さいたま芸術劇場)が放送されるそうです。
観たかったけれど観られなかった舞台なので(ゼーモントさまにご報告いただきましたし)、楽しみです。
名古屋の公演の前に少し地元宣伝で映像が流れたんですが、これは全編なので贅沢ですね。
たーたんさん(香寿たつきさん)も出ているし、楽しみです。

http://www.nhk.or.jp/bs/hvstage/

今日のスカイステージニュースでシトラスの風 

今日のタカラヅカニュース、20分過ぎくらいから10分前後、
1998年、4月のステージライブラリーとして、宙組「エクスカリバー」「シトラスの風」の映像が流れています。
たぶん、今日明日と二日間の予定だと思います。

皆さん、はじめには嵌った時とか意識しだした時の公演は忘れられないと思いますが、私はここからだったので、何度見ても見飽きない楽しさがあります。
どーん!とした存在感と美しさと圧倒的な美声のセンターの華のずんこさん。
クールな大人のかっこよさのたかこさん。
やんちゃな三男坊のような明るい、でも頼りになるわたるくん。
この三人の並びと取り合わせが大好きで・・。

ショーのラテンの場面の、花ちゃんが着ていた水玉の赤と黒の衣装、
「A/L」の仮装パーティ衣装で出てたなあ・・。

ノスタルジアのずんこさん、たかこさん、花ちゃんの並びは色っぽいなあ・・・。
全ツではたかこさんのところをわたるくんがしていたのですけど、妖しい感じでした。凄く大人っぽく切なく見えて(当時研11だったとは、信じられないほど)

明日へのエナジーの熱さも本当に大好きだし、その後のずんこさんと花ちゃんのデュエットも好きで。
ここでずんこさんが着ていた金糸の入った恰幅のいいスーツ(さよならショーでも着ていらした)、
わたるくんが2004年に狸御殿のショーの方に特出した時、「王家に捧ぐ歌」の「世界に求む」を歌った時に着ていました。
なんだか懐かしくて、見た時はぐっと来ました・・。
ずんこさんの衣装をわたるくんが、トップさんになってこうして特出してる時に着てるんだ・・って。

涙が出るほど懐かしい映像の数々・・、思い出すと幸せですけど、
新しいわたるくんを楽しみに待っている時だから、心穏やかに切なく懐かしいです。

A/L 中日公演 

今日の12時公演を観てきました。大好きなアルセーヌ・ルパンやシャーロックホームズとは随分違いましたが、華やかでかっこいい舞台でした。 タニちゃんはセンターがナチュラルで映える立ち姿でウメちゃんとのコンビはとても合いますね~。
軽やかで若々しいコンビで。
タニちゃんの長い春の果てに中日公演のボリス?の事や、ウメちゃんの中日でのひとりスゴつよの王家は、二年前?とか、色々思い出してしまいました。二人が宙組コンビなんですね…。
「デラ(凄く)お洒落」かでらかっこいいの地元方言ネタアドリブがありました。
「ト-ストの上にあずきを乗せてはさんで食べるという」って、名古屋の小豆トーストネタも、パリのカフェで(笑)
オシャレと何度も言わなくても、ウメちゃんはスタイルがとてもおしゃれで華があっとトップ娘役らしいですね。
「幸せになれ~~!」と送り出した、ウメちゃんととなみちゃんの素敵な笑顔が中日劇場で続けて観られて幸せです。

はっちゃん・初嶺さんがあす卒業なので感慨深くしっかり観てお見送りしてきました。

観劇報告掲示板 

見られない方がいらっしゃるので、観劇報告掲示板を移転しようかと思います。
テストとして書き込んでみました。
もう少し原因を調べて直せればいいのですが、よくわからないので。

スレッド式の掲示板がいいと思って色々探したのですが、
FC2の掲示板にちょうどスレッド式があったので、これはどうかと思いまして。

ただ、過去ログがスレッド50件まで、1スレッドに20件しか書き込めないようなので、それで少し考えてしまうんですが、
海外の皆様とか・・・、見られない方がいるならできるだけ改善したいと思いまして・・。

チーヒョンママさま、セランさま、また呼びかけてすみませんが、
今度の掲示板は見られますでしょうか?

リンクに、「観劇報告掲示板2」として貼ってあります(※この掲示板は閉鎖しました)

続きを読む

観たい舞台観られる舞台 

新年度になって、それなりに子供の事とかで忙しくなって・・慌しいですが・・。
土曜日には、「A/L」を中日劇場に観に行く予定になっているんで、それに向けて頑張ろうというか、それを楽しみにしています。

5月に名古屋に劇団四季「アイーダ」上演が始まるので、それは観たかったんですが、
遠くても近くても、出かける事には変わりないので、そんなに私は沢山出かけられないので、
「ダムヤンキース」の舞台を観る為に、あきらめる事になりそう(T_T)
もうすぐ、地元ホールに「フロアプレイ」来るんで、これも絶対みたいと思ってたんですが、こちらも・・(あきらめモードで・・)

わたるくんの舞台活動がこんなにすぐあるとは思ってなかったので、
舞台を待ちながら、あれこれ久しぶりに観るつもりでいたんですが、
わたるくんが活動を開始されるんなら、わたるくんがどうしても一番になってしまうんで、
それは嬉しい事なので・・・。

私は、宝塚の「エリザベート」をちょうどタイミングが合わなくて(これまでもわたるくんの舞台優先なので)、観た事がないので、
雪のエリザは観たいなと思ってるんですが・・(ほんとは、ウィーン版も観たいし・・)

観たいものと観られるもの・・、それぞれに折り合いをつけていかなくては・・ですね。

ヤッターマン!? 

このニュースは、本当に!??と久々に衝撃的というか、まじ!!?というか・・(笑)、とんでも話かと思った(今も)

「ヤッターマン」って、実写化できるんだろうか?
しかも、三池崇史監督って、「ゼブラーマン」とか「妖怪大戦争」とか、こないだ観ちゃった「新・仁義の墓場」とかの監督さんで、
壮絶さと血が飛ぶのとでは、かなり凄い監督なのに、「ヤッターマン」シュールとか、ホラーとか、壮絶編とか・・・?

誰だったか忘れたけれど、ジェンヌさんで「ヤッターマン」好きな方いたような・・。

「ガッチャマン」実写化も衝撃的だった、それなりの年の者です(^^;)
コンドルのジョーを今から10歳くらい若い佐藤浩市さんがやるなら・・(許せる気がするが・・)
アニメの実写化って、それなりにネームバリューのある方がする事が多いから、若手のスターさんが演じるんでしょうね。
脚本のネタがないから、アニメの実写化に拍車がかかっているのか、どうなのか・・・。
忘れてた子供の頃の記憶が蘇る、ニュースでした。

http://daily.jp/gossip/2007/04/10/0000297809.shtml

Damn Yankees  

フジテレビサイトの、Damn Yankees のトップが青いバックにボールのものから、
出演者の写真入りのものに変わりましたね。

あんなに男にしか見えなかった人なのに、がらっとキュートな女性に見えるから不思議なもので・・・。
私はわたるくんが見せてくれる意外性の面白さが好きなので、
結構このシュチュエーションは好きです。

片足上げると・・割と女性らしくというか肉付きよく(^^;)見えますね。

ボールの上のラムちゃんみたいなシルエットは、看板にイツワリあり(小悪魔じゃなくて大悪魔なのに・・・)と思っていたので、
こちらの方を使ってほしいです。
でも、可愛いですよね。やっぱり、不思議だなあ・・男だったのに・・(その意外性がすきでも)

http://www.fujitv.co.jp/events/stage/damn/index.html

ベルサイユのばら ソウル・オブ・シバ!全ツ 

昨日、CSで全編放送があって時間がなくてまだ全部観られないのですが、
ほんとに好きな公演だったなあ(特にショー)、懐かしいなあという思いでいっぱいで観ました。

スゥエーデン宮殿での剣舞はやはりあった方が素敵。
大劇場の一部ラストのフェルゼンの独白も素敵なんですが。
わたるくんのフェルゼンは、実戦的というか剣にキレがあるのと眼光鋭いので迫力かあります。
千秋楽のフェルゼンの客席疾走って、ライトがつかなかったんですか・・。
暗い中走ってるみたいで最初だけ映っていて、もったいない(かっこいいのに)

「ソウル・オブ・シバ!」での、ウッディの「これで韓国に遊びに行っておいで」というチップのアドリブやりとりとか、
これから韓国公演に行ったんだなあ~と懐かしいです。
一年半前の事なのにね。

私は檀ちゃんとのコンビも夢のコンビでとても嬉しかったし、大人っぽい二人ならではのアダルトな雰囲気も大好きでしたけれど、
となみちゃんとのコンビもとても嬉しかった・・・。
学年若い頃から、となみちゃんがあやかさんファンだという事と、
星娘っぽいゴージャス感や体格とか、わたるくんとコンビとまでいかなくてもいいから、一回でいいから並びが見たいと夢見てきた娘役さんなんで。
全ツの初日、となみちゃんのトップ娘役初日をちょうど見たのですけれど、
となみちゃん、トップ娘役おめでとうというのと共に、
わたるくんと組む事になって本当に嬉しかった・・。
そして、このショーでの二人の初々しい大人の男と少女の感じのデュエットダンスが、本当に夢のようで・・・。
夢じゃなかったんだと。。。今また幸せを実感します。
となみちゃんの顎をくいっと指先だけで上げるところの、大人の男の色香・・・。綺麗だ・・。

千秋楽のご挨拶での、大羽根を楽々と前に全部倒してナイアガラの部分をぽーんと放り投げるような、
わたるくん独特のお辞儀・・・。この公演と、韓国公演が最後だったんですよね。その後、ベルばらと、「愛短」「ネオ・ダンディズム」はシルクハットを被っていたから・・。
客席に感謝深くて、舞台を楽しんでる感じで大好きだったなあ・・。
こんな事する人、これからもあまりいないだろうなあ・・・。


初日一回しか見られなかったので、ショーでのわたるくんの「墨染めの・・♪」のところのレークの再生のところの、
影ソロ、わたるくん自身がしているところを通してしみじみ聞きました。
素直な感じの声質で、男役発声より少しソフトな感じで、綺麗な響きでやはり好きな歌声です。
「ソウル・オブ・シバ」は、わたるくんの嬉しそうな笑顔が随所に観られて大好きな作品でした。
ベルばら一本ものより、こういう風にショーがついたほうが気持ちも切り替えられるし、いいかも。

久々に観た、ナウオンステージのわたるくんの真紫のスーツにおお~~っ(わたるくんクォリティー)と思ってしまいましたが(笑)、
言ってる事はソフトで、楽しくて、変わらぬわたるくんで。
(この格好で楽屋の出だと、フェルゼン様??と思われるよ・・と思ったのも懐かしいです)

ずんこさんラストディ 

もう放送始まってしまいますが、今日の午後一時からの「ビバ・バウ」は背高のっぽのスターたちで、
わたるくんも「テンペスト」で出ますね。

今日は、エクスカリバーとずんこさんディで、姿月あさとさんの「ザ・ラストディ」の放送が。
1000ディズ劇場での千秋楽の様子とずんこさんのスターの軌跡が流れます。
宝塚での千秋楽やスターの小部屋での放送などと記憶がごっちゃになっているので、わたるくんがどのくらい出ていたか思い出せませんが、
さよならショーとか色々なところに出ていたと思います。
ビデオよりDVDで残せるから放送が嬉しいです。

午後11時からの放送です。千秋楽の明日へのエナジーは熱かった・・。

http://www.skystage.net/Prgm/Detail/2755.html

続きを読む

演劇の小径「ダムヤンキース」 

演劇の小径「ダムヤンキース」の放送予定です。
初回は、4月25日ですね。お稽古も始まっただろうし、もうすぐですね~。

その前に、8日に「ベルサイユのばら」「ソウルオブシバ!」全ツの初回OAでした。
千秋楽放送ですよね。楽しみです。風船にスカ~するわたるくん。