絵日記
FC2ブログ

ありがとうございます 

とんちっちさま、ゼーモントさま、Kopyさま、
レザネ・フォール、大楽の様子をありがとうございます。

なかなかゆっくりPCの前に座れなくて、御礼が遅くなってしまいました。

物語的には、もう少し書き込んで欲しかったですが、
大野先生のセリフの端々に込められたそれぞれの人生と、
サキュバスの恐ろしい表情に隠された幼子みたいな、
純粋な劇場の悪魔というより精霊みたいなところ、
今観られて良かったです。

男役時代より、もっと、表現力が増しているようで、
表情やダンスに見惚れました。

後転を涼しい顔で、あの衣装で出来る運動能力も・・・。
アクション女優の夢は、まだまだわたるくんもファンも持ち続けられますよね。

GILLEやラブレジェンドや、
それに色々なわたるくんが経験を重ねてきた舞台、様々に、それぞれに、
今のわたるくんを作っているんだなあ・・・と実感できる、いつも前進しているわたるくんを感じられて、
とても幸せでした。

スポンサーサイト



サキュバズ考 

皆様、レザネ・フォールの感想、沢山ありがとうございます。
また観たい!との思いを新たにしつつ、読み返し、かみ締めています。

ゼーモント様のサキュバス考に、頷く事しきりです。

時間がなくてなかなか書けませんが、
私も色々考えてしまいました。

運命を操る悪魔というより、優しくてマダムのそばでひっそり生きている、
だけど邪悪な眼差しは帝王みたいな(笑)、サキュバスですよね。


サキュバス家業が出来なくて、マダムのそばにレビュー小屋に迷い込んできた子悪魔なのかな・・と、
思ったり。
ほら、誘惑できなそうだし・・・。純過ぎて、少女で。

女になりたくなくて、男みたいに、まりこさん達に憧れて踊って、
男になったのかなとか、
ユタと不思議な仲間達のように、悪魔というより、生きられなかった子供の魂がああいう形で成長したのかなとか。


甘粕さんは、いい人になって出てくみたいでしたが、
その後もダークな面は変わらずだし・・・。

地獄を見た人に、サキュバス見えるのかな、
マダムの地獄はどんなだろうとか、色々考えています。



わたるくんは、各地での公演と美味しいものと心惹かれるものを楽しんでおられるようで。

陽色萌さんのブログに、皆で(アンサンブルさんたちと)、
美味しいものを食べた様子が。

可愛い子をサプライズするのが、得意って・・・(笑)
そりゃ、彼氏にしたいでしょう(笑)



琵琶湖、大阪と、まだまだ進化するサキュバスの様子、
年末でお忙しいと思いますが、少しでもいいですので教えてください。
サキュバス欠の者達のために・・・。

演劇キック 

演劇キックの宝塚ジャーナルに、レザネ・フォールの舞台写真と、劇評が。

サキュバスは、どこだかわからないです(^^;)

「天粕」ではなくて、「甘粕」なのですが・・・。

わたるくんのサキュバスは、コケティッシュよりも、
もっとどろどろっととした感じがしました。

漫画の「悪魔の花嫁」のデイモスがそのまま、出来るじゃんと・・思いました(ビジュアル)

ターミナル 

目黒のフリーペーパー「ターミナル」の、
こぼれ話に、わたるくんの初日インタビューが。

こぼれ話のところに、まりこさん、さえちゃんのインタビューがあります。


サキュバスは、言葉の意味より、
悪魔のような、妖精のような、劇場にすむ不思議な存在のような・・。
そんな感じで、わたるくん演じているのがわかります。

「妖しい」ではなくて、「怪しい」が、このインタビューでわたるくんが言っている文字ですが、
その意図なのかな。

プログラムには、男装の麗人とあったので、
まりこさんのエトワールに憧れて、あんな風なのかな・・と思ったり。

でも、
わたるくんの演じてきた役柄で、今迄で一番、ジョニー・デップ風というか、
メイクが、キャプテン・スパローみたいなのです(目の周り、力が入ってダーク系)

今まで見た中では、「テンペスト」のひなちゃん(朝比奈慶さん)が演じた、エアリエルが一番近い感じかなあ・・と。
わたるくんは、主演のファーディナンドで全然違う感じだったのですけれど。
エアリエルは悪意があり、違う感じもあるんですが、雰囲気の悪魔的なところが似てるかな。

甘粕の前で軍服を脱ぐと、踊り子さんみたいなピンクのビスチェなんだけれど、
甘粕を女性として誘惑している感じは、少しもしないの(笑)
終始、責めの表情というか・・・。甘粕の心の中を映し出す存在で。
同じ悪魔系でも、誘惑を専門とするローラと全然違う存在感なの(サキュバスの本来の意味からすると、ローラ系でしょうに)


大野先生のバウデビュー作は、さえちゃん(彩輝さん)の「エピファニー・十二夜」。
さえちゃんの魅力はよくわかってらっしゃる、大野先生。
わたるくんも「ACHE」で、どんぴしゃな役どころをふってくれたし、
サキュバスも、よくぞという・・・感じのアテガキなので、
レビュー部分と、ツレさまのトークをもう少し圧縮して、お芝居ちゃんと見せてほしかったです。

だけれど、全国を回るわけですし、今までのOGレビューショーを楽しみに普通に見にいらした方からすると、
それは異世界で・・。
あの形に落ち着くしかないのかな・・と思います。



続きを読む

OGTVナビ 

OGナビの詳細も、今ちょっと書けません。
今週じゅうには・・必ず・・・。

鳳さん、麻路さん、わたるくん、彩輝さん、星奈さんでのトークで、わたるくんが進行役みたいでした。

鳳さんはマダムで、そのままだと。麻路さんはエトワールで、スターという意味だそう。
わたるくんは夢の悪魔。彩輝さんはレビューダンサーで、中性的な感じで甘粕さんの潜入の意味を知っているそう。
星奈さんはトラバーユという役名だけれど、意味は拷問という意味だそうで、
大野先生どういう意味で?と言われてました(笑)
皆あてがきみたいだと。拷問があてがきだったらどうしようと。
(わたるくんの悪魔もあてがきかなあ・・・)

みなみちゃんの役のドリーと大杉さんの恋の話だけ本当だそうで。甘粕事件のことなどわたるくんが言われていました。

わたるくん、福井さんの後ろから妖しく抱きついていたり、女性的な悪魔でしょうかね。

でも、麻路さんが、この衣装誰が着るの?という、軍服風の衣装があって、
それはわたるくんが着るそうで、男でもあり女でもありの中性的な感じでしょうかね。

わたるくんも、宝塚時代絶対私に来なかった中性的な役と言われてました。
福井さんという男性がいるおかげで、今回来たと。


詳しくは、また・・・。

わたるくん、先輩方、一緒にやってきた仲間と、とてもとても楽しそうで(でも、しっかり自分の立ち居地わかってるわたるくんらしい感じ)した。

続きを読む