絵日記
FC2ブログ

ACHE 

ACHEのスカステでの初OA、やっぱりリアルタイムで観たくて、次の日も仕事なのに、
12時過ぎまで観てしまいましたが、身が持たなくなるのでそこでおとなしく就寝。

連休中は、なかなか観られなくて、今日のお休み、やっと観られました。

映像に残って嬉しい!なのですけれど、DVDが発売される現役時代もですけれど、
生で観たものと、映像での印象が混ざるような、初見の瞬間っていつも、へんてこな感じなのです。
いつも、一回くらいしか観られないのでその時の印象をとても大事にしているので。

やっぱり、わたるくんは生で観てこその舞台の醍醐味がある方だなあ・・・、
舞台に引き込む力や、オーラや綺麗さが生の方が数段上というか・・、
何回も生で感じたくなる舞台の人なのです。

だけれども、記憶を整理するためにも、観られない時のためにも、映像というのはとても貴重で、
ありがたいことです。

20周年記念公演に、通り一遍のコンサートではなく、このACHEを、渾身の力を持って実現した、
わたるくんと、可能にしたスタッフの皆様、さえちゃん、ゆりちゃん、戸井さん、まさるっち、つっくんの実力にとてもとても感謝の舞台です。

今見返すと、すごーーーーく、贅沢な舞台ですよね。
危険なナイフのようなアダルトチルドレン風をすると絶品のさえちゃんの妖しい耽美感、
ゆりちゃんの壊れそうな絶愛・・・、なんて似合うのでしょう。
戸井さんの声の通りのよさと、存在感の大人ぶり・・・もう、極上の美酒です。
まさるっち、つっくんという、フォッシースタイルを踊れる実力派ダンサーさん(ダムヤンはフォッシー振り付け場面あり)を、
贅沢に配して・・・、その中で輝けて、皆に大事にされて・・・、ファンに愛されて、
舞台を愛しているわたるくんを観られると言う、とてもとても幸せな公演。

本当に贅沢な舞台だと思います。

男役時代、湖月わたるさんは、こういう魅力があるのではと思って観られなかった、
危険さや妖しさや、不遜な感じの男の魅力とか、不敵な笑み連発とか・・・、
男役時代観られなかったところの直球が来た「GILLE」のアルトを彷彿とさせる存在感や、
男としての綺麗さがあって、本当に見られて幸せな舞台でした。

胸があっても無くても(笑)、男、女のモードが変わると、性別が変われるわたるくんだからこその、
ACHEの表現。こういう方だから、ここまで惹かれるのだと再認識します。

印象色々書きたかったし、第一ACHEの大阪千秋楽の様子、書いてないしで・・(苦笑)、
色々書けないでいるところです。

いい舞台・・・、それが、DS、GILLE、カラミティージェーン、ACHE、RE-BIRTHと、年に5本もあるなんて、驚異的な喜びが続いた年でした。
愛と青春も、きっと、思いがけず・・・の魅力連発の公演になると信じています。

スポンサーサイト

お休み 

20080806162418


今日はお休みだったので、お昼に久しぶりにピザを焼きました。
ソーセージと茄子とバジル(ナスとバジルは自家製)のピザ。
(なぜか今日はいなり寿司とピザという滅茶苦茶なお昼だったけれど・・・、
普段作れないから・・作りたくなってしまったので・・笑)

お掃除をして・・そんな感じでうちのことをして休みが終わって、
なかなかACHEの記憶をまとめられません(^^;)
覚えているのって三週間くらいがリミットなのかなあ・・・。
私にとって最大級に観たいわたるくんが、20周年記念の舞台でせっかく観られたのに。
文字で残せるといいのに・・・気ばかりで書く時間と落ち着きが無くて・・。

いつもどの舞台を観ても、その時のわたるくんが一番好きだと思うんですが(わたるくんがその時の精一杯で演じているし)、
男役時代も好みで理想の男像が見られたのに、
退団してから・・・わたるくんで観たいかっこよくてセクシーな女性や、
男性陣の中でも独特に男っぽくアダっぽく、妖しく大人っぽい男ぶりや、
大好きな回し蹴りの華麗な炸裂・・・観られて、
ファンやってきてよかったなあ・・ファン冥利につきるなあ・・と思います。


豪胆に見えながらどこか翳り(陰り)のある舞台姿が、あの人を頂点まで登りつめさせたのよ。知らないの?(さえちゃん)」
「知らない・・。私が半身だった頃の彼女はスターではなかったから(戸井さん)」

この台詞を聞いた時、ひょ~~~、大野先生よくわかってらっしゃる!!と、
その時や二幕が始まる前、後ろにいらっしゃるのかなあ・・と思っていた大野先生の方を振り返って、
「よくぞ言ってくださいました!!」と、感謝の握手をしたい衝動にかられました(笑、まあ・・しませんけど。気持ちだけはそうでした)

ゼーモント様が観劇報告掲示板に、「わかる~笑」と書いてくださって、そうそう!!と大きく頷きながら読ませて頂いておりました。

太陽の申し子的な明るさや舞台での吸引力・・・、単純明快そうな・・・キャラの裏で・・というか、
わたるくんはそれだけではなくて、
人物の憤りや・・猛る想いの闇とか・・・複雑に表現するところが・・好きでした。
ベルばらのアンドレの・・、一途な純愛だけではなく暗い闇のような・・青年の恋心の裏腹や非常に危ない心とか・・・、
この辺の表現が秀逸で・・・より惹かれてしまいましたもの。

明快そうでいて、複雑・・・そして、それを表面には出さずにふとした時に、
それが見え隠れする・・そういうキャラを演じると上手い人だなあ・・と思っていましたし。

半身 

もう皆様が沢山ご報告下さっていますし、私の感想は・・・(いつも)あんなんですが(笑)、
書き出すのに助走がいるので、勢いがつかないとなかなか書けません。

でも、今回のACHEは・・・、私はあまり衝撃はなかったというか・・、
わたるくんをはじめて見た時からきっと、待ち続けていた舞台でした。

宝塚のわたるくんも素敵でしたけれど、宝塚化粧のない素に近い存在での、リアルな男ぶり、
本当の男性と踊り芝居をし、アクションをする・・・そんなわたるくんを観るのが夢でした。
きっと男役とまた違った・・魅力のあるどこにもいない男性像が見られると思ったから。

それが叶った舞台でした。

そして・・妖しさも・・・初めてわたるくんを見た後、色んな雑誌などで見た明るいはきはきとした人柄の他に、
舞台で見たあの方は、妖しくて、色っぽくて、・・偉そうで・・、そういうところも好みなのになあ・・と、
思った事を思い出します。

いつも、演出家の先生が何を湖月わたるに当ててくれるか、なにが出来るか・・何を要求してくれるかを楽しみにして、自分から何がしたいとかないんですよね・・と、
男役時代・・言っていたわたるくん。

きっと・・、この舞台は、GILLEの世界を引き継いで・・・合わせ鏡のように・・・、
わたるくんがやってみたい、表現してみたい世界なのでしょう。
この世界を表現したい・・湖月わたるという人が好きです。

この舞台を築ける・・・、仲間とスタッフと作り上げられる方だから・・好きになったのだと思いました。

続きを読む

心地よい睡 

ゼーモント様、Kopy様、とんちっち様、皆様、
大阪千秋楽の様子をありがとうございます。

戸井さんも、まさるっちも、つっくんも、さえちゃんも、ゆりちゃんも公演が終わってしまうのをとても惜しんでくれた、
生バンドの皆様もサイリウムのライトを振ってくれた、温かい楽でしたね。
その場にいられて、ACHEの世界を体感できて幸せでした。

続きを読む

月刊ミュージカル 

千秋楽の様子や、ACHE考察など、沢山のお話をありがとうございます。
どんな舞台なのかなあと想像しております。

月刊ミュージカル7月号に、2ページにわたり、わたるくんがACHEエイクのインタビューを受けているんですね。
それを読むと舞台の概要がわかるような・・・。

退団しても男役が進化しているような気がするし、女優である自分もいるし、まだ性をさまよっている感じがすると、大野先生にお話したら、
プラトンの「饗宴」を題材にしたらいいんじゃないかと、勧められたと。

続きを読む

ありがとうございます 

ハルさま、ご覧になられた感想をありがとうございます。
ACHEの世界を堪能されたようで、よかったです。
毎回の質問コーナー、楽しそうですね。わたるくん、舞台と客席をつなぐのがうまいから。

ぽん太さま、yuminさま、ありがとうございます。
ユーミン(さん)が見に来ていたんですね。学年若い頃からご縁があるそうで、実際に公演に足を運んで下さるのは嬉しいですね。
(ご一緒になったら、わたしなぞ・・卒倒してしまうかも・・・笑)

ACHEの世界、色々なわたるくんの顔を、色々と想像しています。

今日のCLUBKでの楽しい様子、少しでいいので教えていただけるのを楽しみにしています。

★   ★   ★


yuminさま、とんちっちさま、パーティの様子をありがとうございます。
お留守番組は、本当に嬉しいです
我らが太陽は・・・いつも変わらぬ優しさ、温かさで・・・読んでいるだけでじんわり来ます。ありがとうございます。
舞台を見に来るファンの事も気遣ってくださって・・・。
今年のケーキは、ピエールエルメのだったのですね。

舞台への情熱と、勉強への気持ちの灯は続いているんですね。
「コパカバーナ」時ロビーでお見かけしたわたるくんのお父様は品のいい優しそうな紳士さんで、
憧れのお父様でした。